水樹奈々、“スーパーティーチャー ”の“熱血格闘”に「胸アツ&爽快です!」

映画・舞台 公開日:2020/04/20 5
この記事を
クリップ

『イップ・マン』シリーズや、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』『ムーラン』といったハリウッド作品にも出演するなど、中華圏が誇る世界的アクションスターとして活躍する俳優ドニー・イェンが、初めて学校の教師を演じる映画『スーパーティーチャー 熱血格闘』。本作のBlu-ray&DVDが、6月24日(水)に発売・レンタルDVD同時リリースされる。


今作は、香港で最低の成績を記録する中高一貫校を舞台に、元アメリカ海兵隊兵士出身の男が教師となって、不良や問題児が揃うクラスの担任となり、自身の経験やテクニックで生徒たちの心を掴んでいきながら学校の意識も変えていく、アクション満載且つ感動のドラマ。生徒たちを守るためのバトルシーンは、ドニー・イェンのアクションチームの要であり『るろうに剣心』シリーズのアクション監督として世界でも知られる谷垣健治が担当した。


さらに、Blu-ray&DVDでは、ファンからも要望の声が多くあがった日本語吹き替え音声を収録。主役のチャン・ハップ役を務めるのは、『イップ・マン』シリーズで一貫してドニーの吹替を演じてきた大塚芳忠。また、ドニーの同僚教師役に水樹奈々が出演。生徒たちと真摯に向き合う、最高の教師陣が揃った。


<大塚芳忠 コメント>

ドニー・イェンさんの教師役というのは初めてではないでしょうか。演技力に定評のある人なのでとても楽しみにしていましたが流石でした。まだまだ若く、溌剌としてて動きにキレがあり明るく爽やか。収録の時に女性陣が「こんな先生が居たらきっと憧れて好きになりそう」と言っているのが聞こえましたがその通りだと思いましたね(笑)


見どころといえばやはり「格闘シーン」ではないでしょうか。格闘シーンのアドリブは私の「カタルシス」になっていますので今回も十分に堪能させて頂きました!本当に心から惚れ惚れします!


これからご覧になる皆さまにも楽しんで頂ける作品になっていると思います。宜しくお願い致します!


<水樹奈々 コメント>

問題児だらけの学園に颯爽と乗り込み、生徒達に寄り添いつつ、全力で戦うチャン先生の姿は胸アツ&爽快です!何事にも本気で向き合うエネルギーは波紋のように広がって、いつの間にか沢山の人を巻き込み大きな力になる…。色々なことを考えさせられ、胸が痛くなるシーンもありますが、前に向かうパワーを貰える作品です!ぜひ日本語吹き替え版でも楽しんでいただければと思います!


<あらすじ>

香港のタックチー学園はここ数年、大学進学者を出しておらず、教育局から補助金を打ち切られる寸前になっていた。そんな中、アメリカ帰りのチャン・ハップが、問題児が集まる6Bの担任となる。チャンが自身の経験とテクニックで彼らと向き合うことで、生徒や同僚の先生たちの意識が変わっていくが、あることがきっかけとなり、チャンは学校を去らなければならなくなってしまう…。



■『スーパーティーチャー 熱血格闘』Blu-ray&DVD

6月24日(水)発売・レンタルDVD同時リリース

Blu-ray:本編ディスク1枚 4,800円+税

DVD:本編ディスク1枚 3,800円+税

キャスト(※声の出演):ドニー・イェン(大塚芳忠)、ジョー・チェン(水樹奈々)、ユー・カン(阪本浩之)、ジャック・ロク(峰晃弘)、ブルース・トン(比上孝浩)、クリス・トン(比上孝浩)、グラディス・リー(小若和郁那)、ゴードン・ラウ(竜門睦月)

発売・販売元:バップ

(C)2018 MEGA-VISION PROJECT WORKSHOP LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 9件)