大林宣彦監督追悼、原田知世主演『時をかける少女』日テレで放送決定

映画・舞台 公開日:2020/04/14 7
この記事を
クリップ

4月10日に82歳で逝去された大林宣彦監督の訃報を受け、日本映画界を代表する大林監督を追悼する特別企画として、日本テレビにて時空を超える少女を描く青春ファンタジー『時をかける少女』が放送される。


1983年に公開された本作は、大林監督の“尾道三部作”の1本として、長年愛され続けている作品。当時16歳だった女優・原田知世の映画初主演作で、第7回日本アカデミー賞で新人俳優賞を受賞した。配給収入は28億円をあげ、その年の邦画で第2位となる大ヒット作となった。


■『時をかける少女』概要

ある日の放課後、実験室でラベンダーの香りを嗅いで以来、時間を跳躍する能力を持ってしまった芳山和子。時をかける少女となった和子は、会うはずのない彼に出逢ってしまった…。 この作品で映画デビューを果たした原田知世の初々しい魅力と叙情溢れる尾道の風景を得て、思春期の揺れ動く想いを描き、多くのファンの共感を呼んだSFファンタジー。大林宣彦監督の「尾道三部作」にも数えられる、永遠の青春映画の名作。


【女優・原田知世が自身のTwitterによせた大林監督への追悼コメント】

「大林宣彦監督 在りし日のお姿を偲びつつ、ご冥福をお祈りいたします」


【放送日時・作品情報】

4月18日(土)13時30分~15時30分 ※関東ローカル

『時をかける少女』(1983)

監督: 大林宣彦 脚本: 剣持亘 原作: 筒井康隆 音楽: 松任谷正隆

出演:原田知世、高柳良一、尾美としのり、岸部一徳、根岸季衣、上原謙、入江たか子


©KADOKAWA 1983


※本記事は掲載時点の情報です。