映画監督大林宣彦さん死去、最新作『海辺の映画館-キネマの玉手箱』の公開待たず

映画・舞台 公開日:2020/04/11 8
この記事を
クリップ

昨年(2019年)11月、文化功労者に選ばれた映画作家・大林宣彦さんが4月10日19時23分、肺がんのため東京都世田谷区の自宅で死去した。82歳だった。


葬儀・告別式は、家族葬(密葬)を執り行い、後日、お別れの会を予定。なお喪主は、妻で映画プロデューサーの、大林恭子氏。


1938年広島県尾道市生まれの大林宣彦監督は、3歳の時に自宅の納戸で見付けた活動写真機と戯れるうちに映画をつくり始め、テレビCM草創期にはチャールズ・ブロンソンの「マンダム」をはじめ、カトリーヌ・ドヌーヴなど多くの外国人スターを起用し、CM作品数は3000本を超える。


1977年に『HOUSE/ハウス』で商業映画に進出。自身の古里・尾道を舞台にした『転校生』(82)『時をかける少女』(83)『さびしんぼう』(85)は“尾道三部作”と称され、世代を超え親しまれ、今も新世代のクリエイターへ大きな影響を与えつづけている。


近年には“大林的戦争三部作”となる『この空の花-長岡花火物語』(11)、『野のなななのか』(14)、『花筐/HANAGATAMI』(17)を発表。『花筐/HANAGATAMI』は、第72回毎日映画コンクール日本映画大賞、第33回高崎映画祭特別大賞など様々な賞を受賞し、第91回キネマ旬報ベスト・テンでは日本映画ベスト・テン第2位に選ばれ、監督賞を受賞した。大林宣彦監督個人では、2004年春の紫綬褒章受章、2009年秋の旭日小綬章受章。2019年、令和初の文化功労者に選ばれている。


肺がんと診断され、余命の宣告を受けたのは、2016年8月。転移を繰り返すがんと闘いながら、みずからの命を削って、平和をたぐり寄せる映画を完成させた大林宣彦監督の最新作『海辺の映画館-キネマの玉手箱』は、4月10日(金)に公開を予定されていたが、コロナウィルスの影響により映画館が休館し、公開延期となっていた。


『海辺の映画館-キネマの玉手箱』は、近日公開を予定している。


Ⓒ2020「海辺の映画館-キネマの玉手箱」製作委員会/PSC

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 7件)