ピクサー最新作『2分の1の魔法』日本版エンドソング『全力少年』スペシャルMV解禁

映画・舞台 公開日:2020/04/04 5
この記事を
クリップ

「トイ・ストーリー」シリーズ、そして『リメンバー・ミー』で世界中を感動の渦に巻き込んできたディズニー&ピクサー。


最新作にしてピクサー映画史上もっとも意外なラストに感動する作品として呼び声高い『2分の1の魔法』が近日公開となる。先日、主人公で内気な少年イアン役の志尊淳と陽気で好奇心旺盛な兄・バーリー役の城田優に加えて、兄弟の母親ローレル役を近藤春菜が務めることが発表され盛り上がる本作。


そしてこの度、日本版エンドソングとなっているスキマスイッチの名曲『全力少年』のスペシャルミュージックビデオが完成。新たに撮影されたスキマスイッチの歌唱シーンと本作の最新映像が満載のミュージックビデオには目が離せない。


新たに制作されたミュージックビデオでは、イアンとバーリーの“亡き父に会いたい”という想いと“勇気を出すことの大切さ”をスキマスイッチの『全力少年』が後押ししている。


MVの中に投影された本編映像ではイアンとバーリーが亡き父を足だけ蘇らせるところから、イアンがバーリーを魔法で間違えて小さくしてしまうシーン、崖を超えるために魔法を使って“見えない橋”をかけ勇気を出して渡るシーンなど、冒険をする2人の兄弟の絆の強さが描かれた映像と共にイアンとバーリーが勇気を奮い立たせ一歩踏み出していく姿が。


本作で描かれる<大切な人との絆が、一歩踏み出す勇気をくれる。>という作品のメッセージと『全力少年』の歌詞に込められた<固定概念や弱い自分などを全て壊して、全力で行動する事がセカイを切り開く>という力強いメッセージが共鳴し、本作への期待がますます膨らむミュージックビデオとなっている。


本作についてスキマスイッチの大橋卓弥は「本当に勇気をもらえる映画ですし、きっとみなさんも共感できる内容になっていると思います」と語り、常田真太郎も「この映画は、どんな立場でも、性別や年齢関係なく、感情移入できることがたくさんある映画です。ぜひみなさんも自分と重ね合わせて楽しんでもらえたらと思います」と本作の一言声優にも挑戦したスキマスイッチが大絶賛のコメントを寄せている。


国民の代表曲の1つである『全力少年』が日本版エンドソングを務めた本作は大人も子供も楽しめること間違いないだろう。内気な少年イアンと陽気な兄バーリーの冒険と絆を描いた感動作大切な人との絆が、一歩踏み出す勇気をくれる。


ディズニー&ピクサーが贈る感動のファンタジーアドベンチャー『2分の1の魔法』は近日公開。


『2分の1の魔法』

近日公開

配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

(C)2020 Disney/Pixar. All Rights Reserved.


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)