舞台『刀剣乱舞』2020年夏公演、追加キャスト4振り&キャラクタービジュアル解禁

映画・舞台 公開日:2020/04/03 12
この記事を
クリップ

舞台『刀剣乱舞』2020年夏公演が決定している最新作より、刀ステ初登場刀剣男士4振りの追加キャストと、キャラクタービジュアルが解禁となった。


今回追加キャストとして発表された4振りは、にっかり青江役の佐野真白、亀甲貞宗役の松井勇歩、獅子王役の伊崎龍次郎、篭手切江役の大見拓土。歌仙兼定役の和田琢磨、山姥切長義役の梅津瑞樹のキャラクタービジュアルも併せて解禁された。


また、「刀ステファンサイト」会員向けチケット先行スケジュールも発表となった。申込みの詳細は「刀ステファンサイト」内で告知されている。


【公演概要】

舞台『刀剣乱舞』2020年夏公演※副題未定

原案:「刀剣乱舞-ONLINE-」より(DMM GAMES/Nitroplus)

脚本・演出:末満健一


東京公演:6月8日(月)~14日(日) 天王洲銀河劇場

兵庫公演:6月23日(火)~7月5日(日) AiiA 2.5 Theater Kobe

福岡公演:7月10日(金)~12日(日) 福岡サンパレスホテル&ホール

東京凱旋公演:7月17日(金)~8月2日(日) 品川プリンスホテルステラボール


出演

歌仙兼定:和田琢磨

山姥切長義:梅津瑞樹

にっかり青江:佐野真白

亀甲貞宗:松井勇歩

獅子王:伊崎龍次郎

篭手切江:大見拓土 他

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 7件)