佐藤大樹、橋本環奈へ役者魂を見せる「おもいっきりビンタいいですよ!!」

映画・舞台 公開日:2020/04/03 3
この記事を
クリップ

5月22日(金)に全国公開となる佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS)&橋本環奈のW主演映画『小説の神様 君としか描(えが)けない物語』より、撮影現場の裏側が楽しめるスペシャルメイキングムービーが解禁となった。

本日解禁されたのは、予告編でも印象的なシーンである、橋本環奈演じる詩凪のビンタ&スネキックシーンのメイキング映像。「おもいっきりビンタいいですよ!!」と気合い十分な佐藤大樹に、遠慮がちだった橋本環奈も次第にテンションが上がったようで「(申し訳ないと謝りながら)しっかりやろうかな!」とちょっぴりドS?!な一面ものぞかせ、シーン撮影に臨んでいる。あまりの強烈スネキックに久保監督や橋本が「痛い痛い痛い…」と話すなか、当の佐藤は「全然、痛くないよ!」と役者魂を見せている。


佐藤と橋本の2人に、いま乗りに乗っているフレッシュキャストの佐藤流司と柴田杏花も加わった、文芸部4人の和気あいあいとした現場メイキングも。佐藤と橋本が「現場で一番のムードメーカー!」と語ったことを裏付けるように、炎天下の撮影でも「大奥ぐらい囲まれてる!」「今日42度あります」と冗談で爆笑をさらう佐藤流司にも注目だ。


さらに『HiGH&LOW THE WORST』でも話題になった、ワイヤーにカメラを吊るしアクションシーンをワンカット撮影するなど、撮影にも強いこだわりがある久保監督渾身のシーンの裏側も初解禁。佐藤と橋本が「浮くの?!」と語るシーンのほか、映画ではありえないような演出が盛りだくさん収められている。



■映画『小説の神様 君としか描(えが)けない物語』

5月22日(金) 全国公開

出演:佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS) 橋本環奈 佐藤流司 柴田杏花 莉子 坂口涼太郎 山本未來 片岡愛之助 和久井映見


(C)2020映画「小説の神様」製作委員会


『小説の神様』過去記事はこちら



【関連商品】

※本記事は掲載時点の情報です。