吉高由里子×横浜流星“純愛”映画に、町田啓太ら豪華キャストが参戦

映画・舞台 公開日:2020/03/27 18
この記事を
クリップ

俳優の吉高由里子と横浜流星のダブル主演、三木孝浩監督の最新作、『きみの瞳(め)が問いかけている』が、ギャガ配給にて、この秋に劇場公開する。




吉高由里子、横浜流星。この実力と人気を兼ね備えた2人が演じる物語は、恋愛映画史を涙で塗り替えるほど、純度の高い「無償の愛」を描いた“純愛”映画。吉高は不慮の事故で視力と家族を同時に失う悲劇に見舞われながらも、明るく健気に生きようとする女性・明香里(あかり)を、横浜はかつて将来を有望視されていたキックボクサーだったものの、過去の事件によって心を閉ざし、今は日雇いバイトで食いつなぐ毎日を送る無口な青年・塁(るい)を演じる。ひょんな勘違いから出逢った二人は、次第に惹かれあい、お互い心を開いていくが、塁は自分が起こした過去の事件と明香里の失明にある驚愕の因果を知り、彼女の目の手術代を稼ぐため、高額な賞金が賭けられた不法な賭博試合のリングに再び立つことを決意する───


『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』『ホットロード』など話題の恋愛映画を続々手掛ける三木孝浩監督が描きあげる、繊細な心理描写とみずみずしい映像美は観客の心を掴み、運命に拒まれ、すれ違うが故に想いを募らせていく切ないラブストーリーの世界に誘ってくれる。


そして、この度本作より、新たに追加キャストが発表となった。先日発表したダブル主演の吉高由里子、横浜流星に加え、やべきょうすけ、田山涼成、野間口徹、奥野瑛太、般若、森矢カンナ、坂ノ上茜、町田啓太、そして風吹ジュンが参加し、激動の感動ドラマに、より一層の深みと感動が加わる。


視力を失った明香里と、罪を犯し未来を失った塁。そんな二人が出会い、たがいの中に初めて心安らぐ居場所を見つけるが、逃れられない宿命が彼らを容赦なくのみこんでいく──。号泣必死の切ない感動ラブストーリーに、引き続き注目を。



【役どころ】

吉高由里子:柏木明香里(カシワギアカリ)役・・・事故で両親を亡くし、視力も失いつつあるが、明るく健気な女性。

横浜流星:篠崎塁(シノザキルイ)役・・・かつて将来を有望視されたキックボクサー。事件を起こし今はその日暮らし。


<今回発表となったキャスト> 

やべきょうすけ:原田陣(ハラダジン)役・・・塁のキックボクシングコーチ。今も昔も暖かく塁を受け入れる兄貴分。

田山涼成:大内(オオウチ)役・・・塁が所属していたジムの会長。事件前は塁の才能に惚れ込んでいたが…

野間口徹  :尾崎隆文(オザキタカフミ)役 ・・・明香里の働くカスタマーセンターの上司。明香里に気がある。

奥野瑛太 :久慈充(クジミツル)役・・・佐久間率いる半グレ集団「ウロボロス」メンバー。

般若 :金井(カナイ)役・・・キックボクシングの賭博試合に賭ける極竜連合のヘッド。

森矢カンナ:麻衣子(マイコ)役・・・明香里が毎週楽しみにしている連ドラ「LAST LOVE」のヒロイン。

坂ノ上茜  :津ノ森恵子(ツノモリケイコ)役・・・明香里が店長を務めるインテリアショップの店員。

町田啓太:佐久間恭介(サクマキョウスケ)役・・・半グレ集団「ウロボロス」のリーダー。塁は修道院からの幼馴染。

風吹ジュン:シスター大浦美恵子(オオウラミエコ)役・・・塁が育った修道院のシスター


「きみの瞳(め)が問いかけている」

2020年秋、全国ロードショー

©2020「きみの瞳が問いかけている」製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。