山田孝之「キャラ限界…」で念願の“柔軟剤CM”出演が実現?

映画・舞台 公開日:2020/03/23 3
この記事を
クリップ

大切なものを失った人たちの“10年間”の足跡を描いた感動作『ステップ』が、遂に4月3日(金)より全国公開となる。主演は名実ともに日本が世界に誇る個性派俳優・山田孝之。エキセントリックな役柄のイメージが広く浸透している中、久々に実年齢とも重なる等身大の父・健一を、しかも初のシングルファザー役で、娘・美紀を育てながら自身も成長していく様を体現している。




健一や美紀を温く見守る登場人物に、國村 隼、余 貴美子、広末涼子、伊藤沙莉、川栄李奈など豪華俳優陣が結集し物語を彩る。原作は、「とんび 」「流星ワゴン」など家族の再生を描き続けてきた作家・重松 清。監督は、『虹色デイズ』『笑う招き猫』『大人ドロップ』などを手がけた飯塚 健。


SNSでは「予告だけで泣ける」「山田孝之さんのパパ姿がとても楽しみ」と期待の声が続出している本作。3月5日に開催された完成記念トークショーでは、これまで個性的な役柄を数多く演じてきた山田が、自ら「今回は演じていません。遂に“素”の山田を出しました」と発言したことでも話題に。さらに、20代の頃はエキセントリックなことにも多数チャレンジしてきたが「そろそろキャラの限界を感じてきたので…」と、今後は柔軟剤のCM出演を望んでいることを告白。


この度解禁となった映像では、完成記念トークショーでの山田の発言シーンを中心に、「私の方が柔軟剤のCM向き!」と笑顔を見せる広末涼子、「隣のおじさんはいりませんか?」と茶目っ気たっぷりに語る國村 隼ら、共演者たちのノリノリのコメントを収録。その後、登壇中の発言を受けて公式で“本当に制作された”CM風映像が展開されている。映画本編に登場する、山田演じる主人公・健一が洗濯物を干すシーンや、広末演じる健一の同僚・奈々恵が会議で発言するシーンに「がんばるパパ、がんばるママ、そんなみんなを応援したい。やさしく香る『ステップ』」というナレーションが重なり、さわやかな健一たちの姿と相まって、まるで本当の柔軟剤のCMのような仕上がりに!映像の最後には、カメラに向かって「(CMのオファーを)お待ちしております」とアピールする山田と広末の姿も登場し、思わず笑える特別映像が完成した。



映画本編は、男手一つでの育児と仕事の両立に葛藤しながらも、亡き妻が残してくれた周囲との絆の大切さを噛み締めながら生きていく、健一を中心に物語が展開。娘・美紀の保育園から小学校卒業までの 10 年間。様々な壁にぶつかりながら、前を向いてゆっくりとへの階段を上る彼らの姿に、誰もが自分の記憶・経験を重ね合わせ、優しく、そして、温かく心が動かされるはず─。観る人の心に大切な何かをもたらす、映画『ステップ』は4月3日(金)全国ロードショー。


(C)2020映画『ステップ』製作委員会


※本記事は掲載時点の情報です。