7ORDER長妻怜央が天才主人公を演じる『DEAR BOYS』メインビジュアル公開

映画・舞台 公開日:2020/03/18 8
この記事を
クリップ

バスケットボールを題材とした漫画としては史上最長の連載30年を超え、シリーズ累計部数は4,500万部を突破している「月刊少年マガジン」(講談社)にて連載中のバスケットボール漫画『DEAR BOYS』。
舞台やTVドラマ、アーティストLIVEなど様々なジャンルで演出・振付を手がけ、『ダンス×演劇×J-POP』を謳うダンスエンターテイメント集団「梅棒」ならではの“演劇”と“ダンス”を融合させた新たな表現方法で、男子高校生たちのバスケットボールの熱き戦いを描く、アグレッシブ ダンス ステージ『DEAR BOYS』のメインビジュアルが公開された。

長妻怜央(7ORDER)演じる、瑞穂高校バスケットボール部のエースで「天才」と賞される主人公・哀川和彦の力強い存在感を際立たせるモノクロカットの中で、瑞穂高校のユニフォームとバスケットボールが色濃く描かれたメインビジュアルに仕上がっている。さらに、好評につき3月20日(金・祝)10:00より、チケット追加販売がおこなわれる。
バスケ漫画の不朽の名作を“アグレッシブ”に“ダンス”で表現する新感覚ステージが、ついに来月開幕する。
引き続き、アグレッシブ ダンス ステージ『DEAR BOYS』に注目だ。

(C)八神ひろき/講談社


◆公演概要◆
タイトル アグレッシブ ダンス ステージ『DEAR BOYS』
期間・劇場:2020年4月3日(金)~4月26日(日)Theater Mixa
原作:八神ひろき(講談社「月刊少年マガジン」連載)
演出:伊藤今人(梅棒)
脚本:畑 雅文
振付:塩野拓矢(梅棒)
キャスト:
<瑞穂高校>
哀川和彦役 長妻怜央(7ORDER)
藤原拓弥役 松田 裕
三浦蘭丸役 安達公汰
石井 努役 松川大祐
土橋健二役 森下 人
氷室義男役 高木勝也
<成田中央高校>
森山敦司役 新谷デイビッド
児嶋章男役 飯田寅義
武内純一役 松島博毅
岸本 忍役 灰塚宗史
玉置直也役 岩崎良祐
下條 薫役 高木トモユキ
赤峰 匠 井神崚太 千秋雄渉 山下剛生 (50音順)
チケット情報 【チケット料金】7,800円(前売・当日共/全席指定/税込)
公式サイト:https://www.nelke.co.jp/stage/dearboys2020/
公式Twitter:https://twitter.com/stage_dearboys



※本記事は掲載時点の情報です。