山﨑賢人“今まで見たことない姿”収めた場面写真公開

映画・舞台 公開日:2020/03/19 14
この記事を
クリップ

4月17日(金)全国ロードショーとなる『劇場』。作家・又吉直樹が芥川賞受賞作品となった「火花」より前に書き始めていた、作家の原点とも言える恋愛小説「劇場」が原作。“恋愛がわからないからこそ、書きたかった”と又吉が語る2作目は、劇作家を目指す主人公・永田と、彼に恋をして必死に支えようとする沙希の、生涯忘れることができない恋を描いた恋愛小説。


監督を務めるのは、『世界の中心で、愛をさけぶ』(04)『ナラタージュ』(17)等、時代ごとに新たな恋愛映画のマスターピースを贈り続けてきた行定勲監督。主演を務めるのは、興行収入57億円を突破した『キングダム』の大ヒットの記憶も新しい、今最も輝く俳優、山﨑賢人。ヒロインを務めるのは、『万引き家族』(18)で世界に認められた若き実力派女優、松岡茉優。

山﨑演じる自分の劇団で脚本兼演出を務める主人公・永田と松岡演じる女優を夢見て服飾の学校に通う沙希の恋愛に加えて、表現者の苦悩や葛藤を描いている作品。行定監督は本作について「美しいものと醜いものが映っている青春映画にしたいと思った」と語っており、完成した映画を観た又吉も「“生々しさ”とか“痛み”みたいな、そういう部分を小説でも描いたつもりだったので、それが映像になると、よりいい意味で“いるな”っていう感じがしました」とコメント。その言葉通り、劇中では恋をして幸せそうな二人の姿と、その一方で夢を追う中ですれ違っていくやりきれなさが容赦なく描かれており、今回解禁となった場面写真でも、永田と沙希のそうした2つの側面を垣間見ることが出来る。

永田は“表現者”であろうとして虚勢を張っているが、沙希の前では今回の場面写真のような安心しきった笑顔や純粋無垢な瞳を見せる。その一方で創作を生業として生きていくことへの不安や孤独も見せて、しばしばその苛立ちを沙希にぶつけてしまうのだが、山﨑が演じるとどこか憎み切れない男に見えてしまう。可愛らしい笑顔と生気がない目で近寄り難い空気を発する時のギャップは凄まじく、髭を生やした外見もさることながら、演技の面でも今まで見たことのない山﨑の姿を見ることが出来る。





そして沙希も、厄介な永田の全てを受け入れるような慈愛に満ちたほほ笑みを見せる一方で寂しい表情で涙を流したりと、劇中で多彩な表情を見せる。過去様々な恋愛映画を手掛けてきた行定監督による演出の冴えはもちろんだが、『勝手に震えてろ』、『万引き家族』、『蜜蜂と遠雷』と近年様々な作品に出演し、その度に映画賞を受賞してきた松岡がその演技力を遺憾なく発揮している。

役者として新たな一面を見せる山﨑賢人と、これまで培ってきた経験を爆発させる松岡茉優。否応なく突きつけられる現実の残酷さと、2人の切ない恋愛模様、原作者自ら“いるな”と語るその感覚を是非、劇場で体感して頂きたい。


『劇場』

4月17日(金)全国ロードショー

©2020「劇場」製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 9件)