今井翼、スペイン“美と情熱の至宝”へ誘う「躍動感を大きく出すイメージで」

映画・舞台 公開日:2020/03/17 3
この記事を
クリップ

2019年に開館200周年を迎え、世界最高峰と言われるスペインのプラド美術館の全貌に迫るドキュメンタリー『プラド美術館 驚異のコレクション』(4月10日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマ、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー)の今井翼による吹替え版特報&メッセージ映像が到着致した。


スペイン王室が愛した美と情熱の至宝。世界最高峰のプラド美術館。

創立200年の今も輝き続ける、美の殿堂の歴史と未来に迫る—        

 

世界最高峰の美術館の一つとされ、スペイン黄金期を後世に伝えるプラド美術館は2019年11月19日に200周年を迎えた。15世紀から17世紀にかけて太陽の沈まぬ国とも呼ばれたスペイン王国では、歴代の王族が圧倒的な経済力と美への情熱を背景に美術品を収集していた。

 

この度、今井翼による日本語吹替え版の特報映像と、メッセージ映像が到着。本国版のナレーションを務めたのはアカデミー賞主演男優賞に輝いた名優ジェレミー・アイアンズだが、その日本語吹替え版を今回務めた今井翼。フラメンコが得意で2012年には世界初のスペイン文化特使に就任するなど、スペインとゆかりの深い今井は「スペイン王室が愛した美と情熱の至宝。栄光の時が刻まれた美術のドキュメンタリーをぜひお楽しみください」とメッセージ。

 



また吹替え収録の際に「普段のお芝居とは違って、これだけ壮大なドキュメンタリーですから、自分の中で躍動感を大きく出すイメージでやりました」と語っていた今井。吹替え版特報映像では、プラド美術館の美のコレクションの数々と共に、開館200周年を誇るプラド美術館、そして最高峰のスペイン美術の世界に誘ってくれる。


プラド美術館の全面協力のもと、これまで語られることが無かった新たなる魅力を存分に味わうことができる、栄光の時が刻まれた美術ドキュメンタリーが今、幕を開ける 。


配給・提供:東京テアトル/シンカ

© 2019 – 3D Produzioni and Nexo Digital – All rights reserved

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)

この記事に関連するコメント

スペイン語教室ANC 大阪 翻訳 通訳 講師派遣 オンラインレッスン @spanish_info_ 6月30日

今井翼、スペイン“美と情熱の至宝”へ誘う「躍動感を大きく出すイメージで」 - ドワンゴジェイピーnews https://t.co/B1tJLiP6NZ #スペイン

関連タグ