中村倫也、自宅のベッドや薔薇の花びらに囲まれる…“寝顔写真”公開

映画・舞台 公開日:2020/03/18 19
この記事を
クリップ

5月15日公開の映画『水曜日が消えた』より、3月18日の「睡眠の日」を記念し、中村倫也演じる「7人の僕」の劇中寝顔写真が解禁された。



本作は、1人の人間の内側で、曜日ごとに入れ替わって暮らしている“7人の僕”が主人公。そのうちの最も地味でつまらない、通称“火曜日”の視点を通して描かれていく世界の物語。


本日解禁された中村演じる「7人の僕」の劇中寝顔写真は、自宅のベッドで眠る写真、椅子に寄りかかり寝落ちしてしまった写真からはリラックスしている様子がうかがえるが、路上で薔薇の花びらに囲まれ、倒れて眠ってしまった写真は彼に“何か”が起こってしまっていることを感じさせる。また、ベッドで肘をついているメイキングスチールは、ファンにはたまらない貴重な一枚だ。

吉野監督は本作での中村倫也の印象に残った演技に関して、「“火曜日”が目覚める時のリアクション」を挙げている。目覚める時のリアクションは中村が「『ホーム・アローン』っぽくやってみました!」と自ら提案したところから生まれた演技であり、「僕としては、次はどんなお芝居を見せてくれるんだろう、何が出てくるんだろうって、すごく楽しみでした。」と、現場でのやり取りを明かしている。




<あらすじ>

幼い頃の交通事故をきっかけに、ひとつの身体の中で曜日ごとに入れ替わる“7人の僕”。各曜日の名前で呼び合う彼らの中でも、“火曜日”は一番地味で退屈な存在。今日も“火曜日”はいつも通り単調な一日を終えると、また一週間後に備えて、ベッドに入る。それは突然やってきた。“火曜日”が朝目を覚ますと、周囲の様子がいつもと違うことに気付く。見慣れないTV番組、初めて聞く緑道の音楽…そう、“水曜日”が消えたのだ。水曜日を謳歌する“火曜日”だったが、その日常は徐々に驚きと恐怖に変わっていく。残された“火曜日”はどうなってしまうのか―。


■映画『水曜日が消えた』
5月15日(金) TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー
出演:中村倫也/石橋菜津美 中島歩 休日課長/深川麻衣 きたろう
主題歌:須田景凪『Alba』(unBORDE / Warner Music Japan)

(C)2020『水曜日が消えた』製作委員会


【関連商品】

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)