永瀬廉(King & Prince)、黒髪にオン眉 丸眼鏡『弱虫ペダル』映画実写化

映画・舞台 公開日:2020/03/16 9
この記事を
クリップ

累計2500万部突破の大人気スポーツ青春漫画『弱虫ペダル』。

2008年に週刊少年チャンピオン(秋田書店)にて連載開始され、連載は今年で12年を迎え、現在までで65巻が既刊されている大人気コミックス。アニメ、アニメ映画、舞台、小説、ドラマなど様々なコンテンツでメディアミックスされているが、満を持して初の実写映画化となった。




この度、解禁になったティザービジュアルでは主演の永瀬廉(King & Prince)が、黒髪にオン眉、そして丸眼鏡で原作の“小野田坂道”がそのまま抜け出してきたかのような姿を初披露。

永瀬曰く、ここまで前髪を短くするのはジャニーズ事務所に入所して以来初めてで、実に15、6年ぶりとのこと。

最初は慣れなかったようですが、クランクイン初日にスタッフから口々に「可愛い」「坂道そのものだね!」と絶賛され、安心した様子。映画の冒頭シーンは“高校の入学式” ということもあり、青春の始まりを感じさせる桜並木と青い空、そして愛用のママチャリで坂を駆け上がる、爽やかなビジュアルとなっている。

そして同じく解禁になった特報では、永瀬本人のナレーションから始まる。「ひとりぼっちの僕が、仲間と出会い、自転車と出会い、“今ここにいる”-。」『弱虫ペダル』は、友達のいなかった主人公が、自転車競技を通じてかけがえのない仲間に出会い、居場所を見つけ、その仲間のために成長していく姿が魅力の一つだが、その魅力を想起させる始まりとなった。

特報のナレーションを担当した永瀬は、「坂道くんの気持ちに入り込んでナレーションさせていただきました!一人でも多くの皆さんにご覧いただきたいです!」と感想を述べている。

伊藤健太郎演じる、坂道にとって仲間でありよきライバルの今泉俊輔や、橋本環奈演じる、自転車競技部のマネージャー・寒咲幹の姿も初解禁。今泉は坂道の自転車の才能を初めに見つけ自転車競技部に誘い、そんな坂道を幹はサポートする。

タイトルコールにはアニメ版『弱虫ペダル』で2013年から小野田坂道を演じる山下大輝を起用。アニメと映画のW坂道によるコラボレーションとなった。

山下は実写映画化に対し、「原作の1巻から描かれることがわかって、とても嬉しかったです。これを機にアニメと映画でコラボレーションし、もっと「弱虫ペダル」を盛り上げたいです!」とコメント。

撮影現場では日に日にキャスト達が仲良くなり、本物の自転車競技部のような雰囲気で毎日撮影に臨んでいる。現在、全国各地で大がかりなロケも含め絶賛撮影中。完成は初夏を予定している。

特報は3/20(金)より、チラシは3月末より、新宿ピカデリー・大阪ステーションシティシネマ他全国の劇場にて順次掲出予定。

今年2020年は待ちに待ったオリンピックイヤー。誰かの為に頑張ったり、頑張る誰かを応援したり、熱い夏になること間違いない。若手俳優たちが本気で挑む、この夏一番熱い青春ストーリーを、是非期待してほしい。

<山下大輝コメント>

特報を拝見し、原作の1巻から丁寧に描かれることがわかって、とても嬉しかったです。「恋のヒメヒメぺったんこ」は歌われるのだろうか、鳴子くんの赤髪や関西弁はどうなるのだろうか、などまだまだ気になるところがたくさんあります!今後の情報解禁が楽しみでなりません。タイトルコールで呼んでいただけて本当に嬉しかったので、これを機にアニメと映画でコラボレーションし、「弱虫ペダル」をもっともっと盛り上げていきたいです!!

Ⓒ2020「弱虫ペダル」製作委員会 Ⓒ渡辺航(秋田書店)2008

※本記事は掲載時点の情報です。