ジャニーズJr. 江田剛&冨岡健翔が出演、くまがい杏子原作『あやかし緋扇』舞台化

映画・舞台 公開日:2020/03/13 6
この記事を
クリップ

くまがい杏子原作の人気コミック『あやかし緋扇』(小学館刊)が、主演:江田剛(宇宙Six / ジャニーズJr.)、出演:冨岡健翔(ジャニーズJr.)で舞台化。演出家の今村ねずみを迎え、東京公演が決定した。


【関連】ジャニーズJr.江田剛が初主演、アメリカ名作舞台で難役挑戦

クラスメイトと試した“こっくりさん”がきっかけで、さまざまな霊たちに狙われるようになった、男勝りで体育会系女子の唐沢未来と、除霊の力の持ち主で、その力で彼女を守る神社の跡取り息子・神山陵とのラブロマンスを描いた、くまがい杏子の人気コミック『あやかし緋扇』の舞台化。

演出には今村ねずみを迎え、霊たちに狙われる唐沢未来を守る神山陵役には、昨年の『ザ・フォーリナー』で初の単独主演を果たした江田剛(宇宙Six/ジャニーズJr.)が、二度目の座長として主演に決定。さらに未来の持つ力を狙う桜咲姉弟の弟・桜咲龍羽役に、冨岡健翔(ジャニーズJr.)が決まった。


お芝居に加えてダンスやアクション、殺陣をふんだんに取り入れ、また音楽や照明、特殊効果などで、この不思議な世界観を一大スペクタクルラブロマンとして描き出す。

くまがい杏子による『あやかし緋扇』は、少女漫画界の老舗ともいえる「Sho-Comi」で2011年から2013年にわたり連載されたファンタジー系の少女漫画だ。単行本の累計発行部数は200万部を越え、複数のノベライズ作品、ドラマCDまで誕生した人気作。舞台化に際しても、原作ファンからの注目度はかなり高いことが予想される。

また、霊たちに付け狙われる男勝りで勝気な女子高生・唐沢未来、さらに最初は敵対するものの、のちに彼女の親友となる桜咲さくらに扮する女優陣にも、乞うご期待。


■舞台『あやかし緋扇』
公演日:2020年6月11日(木)~6月16日(火)全11公演
会場:新国立劇場 小劇場
チケット料金:10,800円(税込・全席指定)
出演:江田剛(宇宙Six / ジャニーズJr.) 冨岡健翔(ジャニーズJr.) 他


【関連商品】

※本記事は掲載時点の情報です。