永田崇人&阿久津仁愛『プラネタリウムのふたご』扮装ビジュアル先行公開

映画・舞台 公開日:2020/03/12 5
この記事を
クリップ

6月より上演がスタートする音楽劇『プラネタリウムのふたご』より、主人公のふたご、テンペルとタットルを演ずる永田崇人と阿久津仁愛の扮装ビジュアルが先行公開された。


【関連①】永田崇人×阿久津仁愛『プラネタリウムのふたご』総勢17名のオールキャストが決定
【関連②】永田崇人、阿久津仁愛とのW主演に「とても感慨深い」 名作を音楽劇として上演

星の見えない村のプラネタリウムで拾われたふたごの赤ん坊、テンペルとタットル。彗星にちなんで名前をつけられたふたごは、星の語り部の男に育てられ、ひとりは手品師に、ひとりは星の語り部になる………。

本作はいしいしんじの同名小説が原作。

暖かくも深いヒューマンドラマの運命のふたごをTVドラマ『始めて恋をした日に読む話』『モトカレマニア』などに出演し、現在人気急上昇中の永田崇人、ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン主人公・越前リョーマ役を務め、TVドラマ『俺のスカート、どこいった?』などに出演する話題の新星・阿久津仁愛の2人が務める。

その他総勢17名の魅力的な実力派キャストが集結、更に、演劇界が注目する演出家・ウォーリー木下が演出・脚本を担当する。

音楽劇『プラネタリウムのふたご』チケットの一般発売は、愛知、東京、大阪、共に5月16日から開始。一般発売に先行し、3月12日から27日の期間、主催・キューブの無料登録メルマガ会員「cubit club」の先行予約が受付中。その後、各プレイガイド等での先行予約受付開始予定となっている。


<あらすじ>
だまされる才覚がひとにないと、この世はかさっかさの世界になってしまう。
星の見えない村のプラネタリウムで拾われたふたごの赤ん坊。彗星にちなんで名前をつけられたふたごは、星の語り部の男に育てられ、ひとりは手品師に、ひとりは星の語り部になった。おのおのの運命に従い彼らが果たした役割とは?


■音楽劇『プラネタリウムのふたご』
原作:いしいしんじ(講談社文庫)
演出・脚本:ウォーリー⽊下
音楽:トクマルシューゴ
作詞:森雪之丞
出演:永田崇人 阿久津仁愛/佐藤アツヒロ/前島亜美 菊池修司 サイクロンZ 冨森ジャスティン 中山昇 山崎秀樹 安田カナ 黒木夏海 谷啓吾 田鍋謙一郎/彩吹真央 春風ひとみ 大澄賢也 松尾貴史


<愛知公演>
会場:東海市芸術劇場大ホール
日程:6月27日(土)~6月28日(日)  

<東京公演>
会場:日本青年館ホール
日程:7月1日(水)~7月5日(日)

<大阪公演>
会場:COOL JAPAN PARK OSAKA TTホール
日程:7月9日(木)~7月12日(日)


【関連商品】

※本記事は掲載時点の情報です。