岡田准一が“最強の剣術”で魅せる…気迫溢れるメイキング映像&本ポスター解禁

映画・舞台 公開日:2020/03/13 13
この記事を
クリップ

歴史小説界の巨星・司馬遼太郎が土方歳三を主人公に、新選組の志士たちの知られざる人生と激動の時代・幕末を描いた国民的ベストセラー「燃えよ剣」が遂に完全映画化。東宝=アスミック・エース共同配給にて、映画『燃えよ剣』が5月22日(金)より全国公開となる。


名匠・原田眞人監督のもと、主演には、今や日本の映画界に欠かせない俳優、岡田准一。その他、柴咲コウ、鈴木亮平、山田涼介、伊藤英明と、豪華俳優が集結。土方歳三と「新選組」は、いかにして歴史に名を刻む【伝説(レジェンド)】となったのか―?!時代の大きな変化の中、剣を手に命を燃やした男たちの知られざる【愛】と【戦い】、そのすべてが今、スクリーンで明かされる。

 

本日3月13日(金)の「新選組の日」を記念し、“新選組”史上最も有名な「池田屋事件」での死闘や、土方歳三(岡田准一)による凄烈なアクションシーンを収めた、メイキング映像が公開となった。


文久3年(1863年)の3月13日に新選組が発足したとされていることから、日野市観光協会によって「新選組の日」に制定されている本日。この度公開されたメイキング映像には、そんな新選組が<史上最強の剣客集団>として、その名を世間に知らしめた「池田屋事件」のダイナミックな撮影風景も収められている。


キレのある鬼の副長・土方歳三、身軽な天才剣士・沖田総司、豪快な局長・近藤勇。池田屋で繰り広げられるそれぞれの死闘に、圧倒的な迫力とリアリティを持たせるため、現場では岡田准一(土方)を筆頭に、鈴木亮平(近藤)、山田涼介(沖田)が入念に組太刀稽古を行う様子が映し出され、その緊張感は、思わず固唾を飲むほど。


さらに、原田監督から絶大な信頼を受け、本作で剣技の構築と指導にも携わった岡田による、怒涛のアクションも必見。圧巻のスピード感と気迫あふれる剣術は、まさに、「超一流の武芸者が俳優のふりをしているような人」(原田監督)と形容するに相応しい、岡田准一にしか出来ない芸当と言える。


映像には、その他にも「鳥羽・伏見の戦い」や「五稜郭の戦い」での大規模な撮影シーンもあり、キャスト・スタッフが一丸となり、徹底して描かれる凄まじいスケール感には、“スペクタクル・エンタテインメント超大作”としての期待が高まるばかりだ。

 

さらに、併せて本ポスタービジュアルも到着。





名刀・二代目和泉守兼定を顔の前に構え、凛々しくこちらを見据える土方を筆頭に、近藤、沖田、さらには、お雪(柴咲コウ)、芹沢鴨(伊藤英明)、松平容保(尾上右近)、徳川慶喜(山田裕貴)らが燃えさかる炎に包まれており、その表情や瞳からは、激動の幕末に命を燃やした、各々の信念の強さが窺える。


「時代を追うな。夢を追え。」――まさに激動の幕末と同様、変革の世を生きる現代の私たちへのメッセージとも取れるキャッチコピーが深く胸に響く、力強いビジュアルに仕上がっている。


また、本日「新選組の日」を皮切りに、【「新選組2020」×映画『燃えよ剣』】と題した特設サイトがOPEN。特設サイトでは、「新選組2020」の隊士募集が行われ、入隊者にはSNSでシェアできる隊士番号付の入隊証明書が発行される企画や、新選組のシンボルである「誠」の一文字にあやかり、自身にとって大切な一文字を応募すると、原作やオリジナルグッズ、旅行券などが抽選で当たるスペシャル企画「私の一文字キャンペーン」が開催。「新選組2020」に入隊して、映画公開に向けて各種キャンペーンをぜひ楽しんではいかがだろうか。


配給:東宝 アスミック・エース  

© 2020 「燃えよ剣」製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。