吉沢亮も思わず「最低の演技だ…」と呆れ顔?広瀬すず渾身の泣き真似が大根芝居すぎ

映画・舞台 公開日:2020/03/05 16
この記事を
クリップ

広瀬すずが、初のコメディに挑戦し、吉沢亮、堤真一、リリー・フランキー、小澤征悦、嶋田久作、木村多江、松田翔太など超豪華俳優陣が大集結した『一度死んでみた』が、3月20日(金・祝)より全国公開となる。


本作は、いまだ反抗期継続中のこじらせ女子大生・七瀬(広瀬すず)が、「2日間だけ死んじゃう薬」を飲んで仮死状態になってしまった大嫌いな父親・計(堤真一)を、生き返る前に火葬されるピンチから救うべく奔走するハートフルコメディ。


この度、吉沢亮も思わず「最低の演技だ…」と呆れ顔!?広瀬すず演じる七瀬、渾身の泣き真似演技を披露

自身が経営する野畑製薬が極秘に研究&開発を進めていた「若返りの薬」を狙って潜入したライバル会社のスパイをあぶりだすべく、「2日間だけ死んじゃう薬」を飲んで、自ら仮死状態となった七瀬の父親・計。しかし、仮死状態になって動けないのをいいことに、ライバル会社のワトソン製薬は、計が生き返る前に火葬を済ませようと画策しているのだった…。


そんな父親の絶体絶命のピンチを救うために七瀬と、野畑製薬の社員で計の秘書・松岡(吉沢亮)が考えた秘策は、告別式を開催して生き返るまでの時間を稼ぐこと。まずは野畑製薬の役員たちを説得するべく、松岡は計の娘である七瀬が「告別式をやりたい」と泣き落とし、情に訴えかける作戦を思いつく。「君、演技できる?」と聞く松岡に、髪をかき上げながら「めちゃめちゃ…うまいわよ」と自信満々の七瀬だったが…!?




NHK連続テレビ小説「なつぞら」の主役を経て、昨年、自身初挑戦となる舞台「Q」(野田秀樹作・演出)では、紀伊国屋演劇賞の個人賞を受賞するなど、ますます女優として輝きを増す広瀬すず。もはや誰もがその実力を認める国民的女優の「うますぎる渾身の大根芝居」には誰もがクスリと笑ってしまうに違いない。


ちなみに、七瀬が「めちゃめちゃ…うまいわよ」と自信満々に答えたシーンで耳を触っているが、これは劇中に何度も出てくる七瀬の癖のひとつ。耳を触っている時の七瀬の発言と、その後の行動を照らし合わせるとある共通点が出てくるので、そこにも要注目だ。


5分に1回驚きのキャストが出演する本作、この映像でも一体誰が出演しているか確認してみてはいかがだろうか?まだ誰もみたことがない広瀬すずのコメディエンヌぶりが大炸裂の『一度死んでみた』は3月20日に公開。


『一度死んでみた』   
©2020 松竹 フジテレビジョン
3月20日(金)全国ロードショー


※本記事は掲載時点の情報です。