EXILE AKIRA『峠 最後のサムライ』出演決定、役所広司ら名優たちと肩を並べる大役に抜擢

映画・舞台 公開日:2020/03/05 11
この記事を
クリップ

9月25日(金)公開の映画『峠 最後のサムライ』に、新キャストとしててEXILE AKIRAが出演することが発表された。さらに、本作の予告編とポスタービジュアルも本日解禁となった。


本作は歴史小説界の巨星・司馬遼太郎が、幕末の風雲児と呼ばれた、越後長岡藩家老・河井継之助を描いた国民的ベストセラー『峠』の初の映像化作品。監督・脚本を小泉堯史が務め、俳優の役所広司が河井継之助を演じる。さらに、松たか子、香川京子、田中泯、永山絢斗、芳根京子、坂東龍汰、榎木孝明、渡辺大、東出昌大、佐々木蔵之介、井川比佐志、山本學、吉岡秀隆、仲代達矢ら錚々たる豪華俳優陣が一挙集結。


EXILE AKIRAが本作で演じるのは、河井継之助(役所)の良き理解者として共に新政府軍と戦う、越後長岡藩家老・山本帯刀。役所広司ら名優たちと肩を並べる大役への抜擢に、EXILE AKIRA自身も「黒澤明監督のDNAが詰った現場で、作品に携われる事に誇りをもって、1分1秒噛みしめながら撮影に挑ませていただきました。」と喜びのコメントを発表した。


本日公開された予告編は、冒頭から役所広司扮する河井継之助が深々と頭を下げる緊迫のシーンが映しだされる。戊辰戦争のさなか、東軍・西軍いずれにも属さず、武装中立をもって和平を目指し、新しい日本を作ろうとした、越後長岡藩の家老・継之助。映像には、継之助の信念を表す力強い台詞の数々が散りばめられており、誰よりも国を想い、最後まで美しく生き抜いた継之助を見事に体現する役所が魅せる様々な表情も、圧倒的リアリティを感じさせる内容になっている。

製作には、黒沢組からチームを組むスタッフが集結。長岡を中心に全編新潟ロケが行われた。戊辰戦争の中でも最も壮烈な北越戦争がどれほど壮大に描かれるのか、期待が高まる。併せて公開となったポスタービジュアルは、峠の頂にどっしりと立ち構え、険しい眼差しで先を見つめる継之助の雄姿と、「幕末の動乱期、百年先の世界を見据えた」という力強いコピーが見事にマッチした印象的なものに仕上がっている。

映画『峠 最後のサムライ』は、9月25日(金)より全国公開。


<山本帯刀(やまもと たてわき)役 /EXILE AKIRA コメント>

小泉監督から直々にお手紙をいただき、『峠 最後のサムライ』にかける、なみなみならぬ熱き思いに心を打たれました。黒澤明監督のDNAが詰った現場で、作品に携われる事に誇りをもって、1分1秒噛みしめながら撮影に挑ませていただきました。今の時代だからこそ、大切にしなければならないメッセージが強く映し出されている作品だと思います。日本だけでは無く、世界中のたくさんの人々にも観ていただけたら嬉しく思います。


■映画『峠 最後のサムライ』
9月25日(金) 全国ロードショー
出演:役所広司 松たか子 香川京子 田中泯 永山絢斗 / 芳根京子 坂東龍汰 榎木孝明 渡辺大 AKIRA / 東出昌大 佐々木蔵之介 井川比佐志 山本學 吉岡秀隆 / 仲代達矢

(C)2020『峠 最後のサムライ』製作委員会




【関連商品】

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)