古田新太×松坂桃李、実写映画初共演も「“パディントン”と“お父さん”で問題なし」

映画・舞台 公開日:2020/03/05 5
この記事を
クリップ

この度、『あゝ、荒野』、『新聞記者』、『宮本から君へ』など、話題作を世に送り出すスターサンズ・河村光庸プロデューサーが企画、『ヒメアノ~ル』、『犬猿』、『愛しのアイリーン』でその才能を見せつけた吉田恵輔が監督・オリジナル脚本で挑む映画『空白』が制作される事が決定し、愛知県蒲郡市を中心に全編オールロケを敢行、3月に撮影がスタート、21年の全国公開に向けて製作が進行する運びとなった。

全てのはじまりは、よくあるティーンの万引き未遂事件。スーパーの化粧品売り場で万引き現場を店主に見られ逃走した女子中学生、彼女は国道に出た途端、乗用車とトラックに轢かれ死亡してしまった。女子中学生の父親は「娘が万引きをするわけがない」と信じ、疑念をエスカレートさせ、事故に関わった人々を追い詰める。一方、事故のきっかけを作ったスーパーの店主と車ではねた女性ドライバーは、父親の圧力にも増して、加熱するワイドショー報道によって、混乱と自己否定に追い込まれていく。真相はどこにあるのか―?少女の母親、学校の担任や父親の職場も巻き込んで、この事件に関わる人々の疑念を増幅させ、事態は思いもよらない結末へと展開することに―。

本作は、現代における人と人のつながりや家族の絆、そしてメディアの正体を浮き彫りにし、何が本当なのか?誰が正義なのか?など、思わぬ方向に感情が増幅してしまう危険性をはらむ現代社会を映し出していく作品だ。そして登場人物たちは、愛と憎しみの果てに「全員被害者・全員加害者」の様相を呈していきます。一見沈鬱に見える題材をシニカルでブラックユーモアを交えた視点で描く吉田監督の演出と、様々な想いや誤解に右往左往する出演キャスト達の熟達した演技の競演も見どころとなる。

「偽り」「圧力」「良心の呵責」―、空白の時間に起きた事件が生み出す人々の心の空白。“空白の時代”ともいえる現代にこそ多くの人に伝えたいサスペンス・ヒューマンドラマが誕生する。


今回解禁されたキャストは、劇団☆新感線で劇団の看板役者として、更には、昨年『俺のスカート、どこ行った?』で女装家の教師役を演じて話題となった、今回6年ぶりの映画主演を務める古田新太と、『不能犯』、『娼年』、『居眠り磐音』、『新聞記者』と話題作で主演を務めた松坂桃李が、実写映画では初共演を果たす。

古田が演じるのは、交通事故で死亡した女子中学生の父親で、真相を探るため関係者に様々な圧力をかける漁師の添田充。一方松坂は、女子中学生が死亡したきっかけを作ったスーパーの店長・青柳直人を演じる。実の娘を失い、落胆と怒りにかられる父親と、その圧力だけではなくマスコミにも追われることになる青柳の心の機微をそれぞれがどう演じるのか、古田と松坂が起こす化学変化に是非期待してほしい。


<古田新太 コメント>
いつもふざけてばかりのおいらですが、ちょっと頑張って哀しいお父さんを演じられたらなと思います。社会の何かおかしいなというようなものの話のタネになるような作品になれば。桃李とは“パディントン”と“お父さん”なので、何の問題もありません。

<松坂桃李 コメント>
タイトル通りの作品です。シンプルではありますが様々な解釈ができる、そんな映画になる気がします。撮り終えた時に『空白』という作品が自分にとってどんな答えをもたらす映画になるのか、それを問いかけながら撮影に臨みたいと思います。主演の古田新太さんとは実写では初共演になります。どんな作品においても圧倒的な存在感があり直球でも変化球でも受け止めて下さる方という印象です。そんな古田さんと今回、どんなキャッチボールができるのか楽しみでもあり、怖くもあります。自然と湧き起こる繊細な感情を丁寧に演じていきたいと思います。

<監督・脚本:吉田恵輔 コメント>
最近のゴシップニュースはまるで魔女狩りかと思わせる。人の不幸で飯を食い、ストレス発散で悪意のコメント。本当腐っている……と言いつつ自分自身も、それを楽しんでいる気もする。所詮、他人事みたいな想像力の無さがそうさせているのだろう。無感情、無関心の空白な世界。偉そうに世直しするつもりはない。皆様と一緒に少しだけ想像するきっかけになる作品を作れたら幸いです。素晴らしいキャスト、スタッフと共に空白な世界に何か色をつけれるよう努力します。


■映画『空白』
2021年公開予定
出演:古田新太、松坂桃李 ほか


【関連商品】

※本記事は掲載時点の情報です。