岡山天音、成海璃子ら出演、SNSで反響呼んだ『ワンダーウォール』劇場公開

映画・舞台 公開日:2020/03/03 5
この記事を
クリップ

2018年にNHKBSプレミアムなどでの放送後、SNSを中心に多くの反響をよび、劇中写真集の発売やトークショーの開催など異例の広がりをみせたドラマ『ワンダーウォール』が、劇場版としてスクリーンに登場。京都の歴史ある学生寮「近衛寮」を舞台に、寮の建て替えを迫る大学側と、どうしてもそこを残したい寮生たちの葛藤が描かれる。

映画『ジョゼと虎と魚たち』や『その街のこども』の渡辺あやが手掛けたオリジナル脚本に1500人のオーディションから選ばれた須藤蓮、岡山天音、三村和敬、中崎敏、若葉竜也、成海璃子らが参加。『モテキ』『全裸監督』ほか数々の映画、ドラマを手がける音楽の岩崎太整が、今回の映画化にあたってドラマ版の続きとなるテーマ曲を書き下ろし、クライマックスに“作品に共感した人”が参加したセッションが実現した。


解禁された予告編では、一風変わった「近衛寮」に暮らす学生たちの前に、ある日大学側が作った「壁」が現れ、退去通告が出される中、大事な場所を守ろうともがく彼らの不器用な抵抗、そしてそれぞれの抱えた想いが明らかになってゆく様が映し出されている。終盤には「天然コケッコー」などの漫画家・くらもちふさこ氏のコメントも。

併せて公開されたポスターは、近衛寮の雑然とした一画に集まる寮生たちの姿が収められたもの。そこに「ここがあってよかった。そんな未来を探している。」というコピーが添えられ、近衛寮のぬくもりのある雰囲気と、寮生たちの寮への愛着が伝わる仕上がりとなった。

公開直前の4月3日(金)、4月4日(土)にそれぞれ渋谷LOFT9・下北線路街空き地にて【参加者全員で盛り上がる大人の文化祭】をコンセプトにした「近衛寮祭2DAYS」の開催も決定。3日のLOFT9では先行上映のほか、須藤蓮、渡辺あや、岩崎太整らが登壇したトークショーを実施。詳細はワンダーウォール劇場版公式ツイッターにて随時告知予定。

また、3月20日(金・祝)に京都・出町座での先行上映が緊急決定。渡辺あやをゲストに迎えアフタートークも行われる。


■『ワンダーウォール 劇場版』
4月10日(金)より新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー!
【キャスト】須藤蓮 岡山天音 三村和敬 中崎敏 若葉竜也 山村紅葉 二口大学/成海璃子
【スタッフ】監督:前田悠希 脚本:渡辺あや 音楽:岩崎太整 制作統括:寺岡 環
企画:2020「ワンダーウォール」上映実行委員会
配給・宣伝:SPOTTED PRODUCTIONS
(C)2018 NHK



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 9件)