反町隆史『みをつくし料理帖』で物語の鍵を握る易者役

映画・舞台 公開日:2020/03/02 9
この記事を
クリップ

角川春樹の生涯最後のメガホン作としても話題の映画『みをつくし料理帖』より、反町隆史の出演が発表された。


反町隆史が演じる水原東西は、大坂で評判の有名易者。易者とは現代でいう占い師のことである。水原は遊郭・大坂新町廊を訪れていたところ、当時8歳の主人公・澪と野江の手相を占い、2人のその後の運命を左右し、物語の鍵を握る“易”を見出す。

水原が2人を占った結果、どのように物語が進展していくのかは是非劇場で確かめよう。

映画『みをつくし料理帖』は2020年秋全国公開。


■『みをつくし料理帖』
2020年秋 全国公開
出演:松本穂香 奈緒 若村麻由美 浅野温子 窪塚洋介 永島敏行 藤井隆 野村宏伸 衛藤美彩 村上淳
反町隆史 榎木孝明 鹿賀丈史/石坂浩二(特別出演)/中村獅童
製作・監督:角川春樹 / 脚本:江良至、松井香奈、角川春樹
原作:「みをつくし料理帖」髙田郁 ハルキ文庫(角川春樹事務所)
料理監修:服部幸應/制作:楽映舎/制作統括:遠藤茂行
(C)2019映画「みをつくし料理帖」製作委員会


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)