中村倫也に一体何が?曜日ごとに入れ替わる“7人の僕”これは何曜日?

映画・舞台 公開日:2020/02/28 6
この記事を
クリップ

1人の人間の内側で、曜日ごとに入れ替わって暮らしている“7人の僕”が主人公。そのうちの最も地味でつまらない、通称“火曜日”の視点を通して描かれていく世界の物語『水曜日が消えた』が5月15日(金) よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショーされる。


主人公を演じるのは、話題作への出演が相次ぐ中村倫也。そしてメガホンをとったのは次の時代を担う気鋭の映像クリエイター100人を選出するプロジェクト「映像作家100人2019」に選ばれるなど注目を集める吉野耕平。今回、満を持して自身発案の完全オリジナル脚本で長編映画デビューを果たし、監督・脚本・VFXをすべて自ら担当した。


“7人の僕”を知る元同級生・一ノ瀬に、ドラマ「夫のちんぽが入らない」の主演に抜擢され、話題を集めた石橋菜津美。物語の鍵を握る図書館司書・瑞野に、元「乃木坂46」のメンバーで近年は『愛がなんだ』(今泉力哉監督)など女優として活躍する深川麻衣。名バイプレイヤーとして多数の作品で活躍するきたろうが、“7人の僕”を少年時代から見守る医師・安藤を演じる。また、主演作『グッド・ストライプス』で第7回TAMA映画賞最優秀新進男優賞に輝いた中島歩が新任医師・新木役に、「ゲスの極み乙女。」のメンバーである休日課長が“月曜日”の友人・高橋役で映画初出演する。




この度、本作より新たな場面写真が解禁された。今回解禁された場面写真では、中村倫也演じる“火曜日の僕”と、彼を取り巻く登場人物たちの一コマが切り取られている。一ノ瀬と体育座りで佇んだり、瑞野と図書館のカウンターで何かを見つめたり、高橋と一緒にコントラバスを弾く姿からは普通の青年としての“僕”の日常が垣間見えるが、安藤と新木の前で線に沿って真っ直ぐに歩こうとする姿は何かの検査をうけているようであり、“僕”に“何かが”起こっていることを明示している。穏やかな表情の写真から一変し、携帯を見つめ驚いたり、紙が舞い散る中で唖然としている様子は“火曜日の僕”が否応なしに何かに巻き込まれていく様が明らかに。

今回解禁された “僕”が、本当に“火曜日の僕”なのか?、推理しながら公開を待つのも楽しみ方のひとつだ。また、3月14日(土)より公式HP限定で、中村倫也の手書きタイトル入りのビジュアルムビチケの発売も決定。“7人の僕”のイラストが施されたオリジナルチケットホルダーが特典になっている。


映画の公開に向け、益々盛り上がりを見せる『水曜日が消えた』から今後も目が離せない。


出演:中村倫也/石橋菜津美 中島歩 休日課長/深川麻衣 きたろう   
監督・脚本・VFX:吉野耕平 音楽:林祐介
日本テレビ・日活共同作品 制作プロダクション:ジャンゴフィルム 配給:日活
©2020『水曜日が消えた』製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 10件)