仮面ライダーゲイツ 押田岳、奥野壮と初対面時の忘れられない思い出を明かす

映画・舞台 公開日:2020/02/27 11
この記事を
クリップ

2月28日から期間限定上映されるVシネクスト『仮面ライダージオウ NEXT TIME ゲイツ、マジェスティ』に主演する俳優の押田岳。2018年に放送された『仮面ライダージオウ』最終回のその後を描いた新章で、仮面ライダーゲイツの新たなる姿を描く。

撮影はテレビドラマ版終了直後に行われたために「スパッと終わらずに卒業の余韻のようなものを感じられて、気持ち的にも良かった」と嬉しそう。明光院ゲイツを主人公にした物語だが、奥野壮、大幡しえり、渡邊圭祐らテレビドラマ版のメインキャストも総出演している。




【関連】“仮面ライダーゲイツ”押田岳、立ち位置に戸惑うも奥野壮から「違和感ない」


2018年当時、『仮面ライダージオウ』主演の奥野壮と初対面した時のことは、忘れられない思い出になっている。「距離を縮めるために僕からカラオケに誘ったら、僕は『OH MY LITTLE GIRL』、向こうは『forget-me-not』を入れました。実は二人とも偶然にも尾崎豊好き。その瞬間に“これは!”と思いました。しかも『仮面ライダージオウ』でヒロインを演じたのは、大幡しえり。すかさず二人で『シェリー』を歌いました」と尾崎豊が繋げた縁に感謝する。

明光院ゲイツ/仮面ライダーゲイツに抜擢されたことで、意識の変化も生まれた。「仮面ライダーとは、子供たちにとって親や学校の先生の次くらいに大きな存在になるわけですから、影響力の大きいものを演じた自分としては、私生活にも気を付けて、横断歩道もちゃんと左右を確認して渡るようになりました。必要ならば手もしっかりと挙げます」とユーモア交じり。

しかし与える以上に、受け取ったものの方が大きいという。「例えば僕の写真集のイベントに、子供たちがお母さんの手作りの仮面ライダーコスプレで来てくれて、僕らが与えている以上にファンの方々からいいエネルギーを返してもらっているような気がします。『仮面ライダージオウ』での経験は俳優として頑張っていく上での素晴らしい糧になっています」と実感を込める。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 8件)