キス映画の限界に挑戦、予告編だけでもその数は…

映画・舞台 公開日:2020/02/26 5
この記事を
クリップ

4月3日(金)に公開されるキスのキスによるキスのための映画『キスカム!~COME ON, KiSS ME AGAiN!~』より待望の予告編が解禁された。

“観たら今すぐキスしたくなる”をテーマにキス映画の限界に挑戦した本作。メガホンをとったのは、注目の若手女性監督、22歳の松本花奈。フレッシュで、ハッピーで、限りなくロマンティックなコメディを誕生させた。一体、作品中でいくつのキスシーンが登場するのか?!予告だけでもその数は・・・!!




ある日突然、彼女と別れてしまった主人公・橋口海(葉山奨之)は、“恋愛で困っている人達を助ける”グループ企業に出向させられてしまう。他人の恋愛を助けるため孤軍奮闘するなか、何故かキスの練習までする海。それは、何故?!女性のみならず、男性の心をもキュンキュンさせてしまう予告編に注目だ。好きな人に好きと言える勇気と、甘い素敵なキスを呼び込む幸運の映画が誕生した。

更に、予告映像の解禁に伴い、ハッピーな挿入歌『ラブリー』も解禁となった。挿入歌を担当したのは、2015年に17歳でメジャーデビューを果たし、若い世代から圧倒的な支持を集めるシンガーソングライターの井上苑子。この映画のために書き下ろした『ぜんぶ。』は主題歌に起用されており、本作にも出演を果たしている。

映画『キスカム!~COME ON, KiSS ME AGAiN!~』は4月3日(金)より新宿バルト9他全国順次ロードショー。

<井上苑子 コメント>
映画の主題歌、そして挿入歌どちらも担当させていただけることになって、映画の台本を読ませていただいてから曲を作りました。自分自身、恋の歌を沢山書いてきましたが、それはいつも恋の始まりの歌が多かったので、今回の作品に寄り添った曲を作るに当たって正直あまり今まで考えたことのない愛を考えました。「私なりに」でしかありませんが、少しでも沢山の方に届くと嬉しいです。


■『キスカム!~COME ON, KiSS ME AGAiN!~』
4月3日(金)より新宿バルト9他全国順次ロードショー!

葉山奨之、堀田茜、八木アリサ/塚本高史
奈緒、福山翔大、行平あい佳、森本のぶ、浜田学、森口瑤子、徳井義実(特別出演)ほか
監督:松本花奈
脚本:リンリン
脚本監修:山﨑ケイ(相席スタート)
主題歌:井上苑子「ぜんぶ。」/挿入歌:井上苑子「ラブリー」
配給:吉本興業
(C)2019吉本興業