草彅剛、憧れの俳優との対面に「本当に1番尊敬している」

映画・舞台 公開日:2020/02/24 20
この記事を
クリップ

24日、都内にて映画『パラサイト 半地下の家族』舞台挨拶が開催。同作の主演を務めるソン・ガンホとポン・ジュノ監督が出席したほか、俳優の草彅剛がサプライズ登場した。




大きな拍手に迎えられ登場したポン監督は「2000年代の頭に日本で韓国映画が活発に公開され、愛されていた時期がありました。そのころは日本映画も韓国で上映されて関心が持たれましたが、10数年ぶりに日本で韓国映画が大きく愛されてヒットしていることが、両国の映画ファンにとって、お互いの映画に関心を持って愛し合えるようなきっかけになればと思います」とコメント。またアカデミー賞での4部門受賞について「計画していたことではありません。映画の中でも『無計画が最高の計画だ』というセリフがありますが、うれしくもあり、気が動転しているような感じでした。本当に貴重な賞をいただいたのですが、受賞以上に熱烈な反応をいただいたことがうれしいこと」と胸の内を語った。


イベント中盤、草彅は花束を抱えて登場。ポン監督とソンに花束を手渡すと、韓国語で「ポン・ジュノ監督とソン・ガンホさんの熱烈なファンです。ソン・ガンホさんは本当に1番尊敬している俳優なので、演技をするときもソン・ガンホさんだったらどう演技するんだろうと考えながら演技をしています」と伝えたうえ、「最近は韓国語の勉強をする時間がなくて忘れてしまいました。通じてるのかな」と苦笑した。


また、同作を「見終わった後にあそこがどうだったこうだったって話したくなるような作品で、またすぐ観たくなるような作品。全部好きですね」と絶賛。続けて「2人のタッグっていうのは『殺人の追憶』という作品も好きなんですけど、鬼気迫った部分でもブラックユーモアが効いているというか、人間の誰しもが持ってる感情が散りばめられていて好きですね」と興奮気味に語った。


さらに作中、インディアン風の被り物が登場したシーンについて「ソン・ガンホさん、インディアンのすごい似合いますよね。なんか赤かったじゃないですか。あれは重要な小道具でもあったような気がするんですよね」と分析。ポン監督は「草彅さんにおっしゃっていただいて、意味があるような気がしてきました。当日は、とにかく日が落ちる前に早く撮らなければということで頭がいっぱいだったので何も考えてなかったんですけど、草彅さんが新たな脈絡でそのシーンを整理してくださったので、映画がより豊かに感じられるような気がします」と笑った。


『パラサイト 半地下の家族』は、全国大ヒット公開中。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 19件)