AKB48 加藤玲奈「キャスティングされて不安になりました笑」映画でアイドル役

映画・舞台 公開日:2020/02/23 8
この記事を
クリップ

『さいなら、BAD SAMIURAI』がカナザワ映画祭グランプリ、『ウルフなシッシー』がTAMA NEW WAVEグランプリ・最優秀男優賞・最優秀女優賞をトリプル受賞、松本穂香主演のWEBドラマ『アストラル・アブノーマル鈴木さん』が好評につき劇場版として公開され、オーストリアやオランダといった海外の映画祭にも招待上映されるなど注目を集める大野大輔監督最新作『辻占恋慕』の製作支援プロジェクトが始動に伴い、メインキャストが解禁となった。


時代に取り残されたシンガーソングライター富岡恵美役に、『百円の恋』『過激派オペラ』の早織。彼女を支えるマネージャー信太に、名作『ウルフなシッシー』に続き監督を兼任する大野大輔。世の中を達観したアイドル・菊地あずき役にAKB48の加藤玲奈、才能・実力ともに抜群の曲者編曲家・一里塚郷役に濱正悟、その他、『東京の恋人』でMOOSIC LAB 2019最優秀女優の川上奈々美、今泉力哉監督最新作『街の上で』のメインキャストにも抜擢された小竹原晋、『無限ファンデーション』でその才能を遺憾無く発揮したミュージシャン・西山小雨、ミスiD出身のひらく(『恋愛依存症の女』)・ナビほか、本作の脚本に惚れ込んだ一癖も二癖もある実力派キャストが次々と集結。

アイドル商法、FMラジオ暴行事件、家賃滞納、師匠(独居老人)の介護、冠婚葬祭、SNSリテラシー、バイトのシフト。込み入った問題が山積の中、様々な人と出会い、それぞれの道を彷徨い始める男女2人の人生を描く本作は、本日より始まったクラウドファンディングによる製作支援プロジェクトを経て、5月のクランクインを目指して着々と準備中だ。


<富岡恵美役:早織 コメント>
『辻占恋慕』の脚本を読んだら、何のためらいもなく、演じてみたい、と頭の中が動き始めました。大野監督がどんな人かはまだよく知らないのですが、現場でつんのめってもすっころんでも大丈夫な気がしていて、映されるものが可能性に満ちています。

<菊地あずき役:加藤玲奈 コメント>
オーディションと思って大野監督とお会いした時に、雑談で終わったのが不安だったのですが、それでもキャスティングされて更に不安になりました笑。この役に合ってる…と見極めてくれた監督の期待に添えるように頑張ります!

<一里塚郷役:濱正悟 コメント>
まさか大野組の一員になれるとは。まずは、とても嬉しい気持ちです。どんな現場になるのだろうか楽しみです。2020年、想像もしていなかった役と、はやくも巡り合えました。悶々としております。本当に想像もつかない作品になる気がしていますので、楽しみに待っていただけたらと思います!

<西園寺琴美役:川上奈々美 コメント>
真っ直ぐに夢を追う事はとても難しくて、それでもバカが付くほど頑固で必死に夢を諦めない。どのキャラクターもエネルギッシュかつシュールでつい共感してしまいました。西園寺琴美を演じる事は新鮮であり同時に不安でもありますが、新たな挑戦への楽しみで胸が高鳴っています。こんなにパワーみなぎる作品に参加ができてとても嬉しいです。皆様に応援頂ければ幸いです。どうぞ応援よろしくお願い致します!

<直也役:小竹原晋 コメント>
先日知ったのですが、大野監督はかつて通った映画学校の同期だったようで、当時知り合うことはなかったにせよ、同期でこの規模の映画を撮る人が現れた事がとても気分が良く、なにより時を超え、出会い、一緒に映画を作る機会に恵まれた事、ただただ嬉しく思っています。大野監督の世界観に応えつつ、才能溢れるスタッフキャストと共に、失われたキャンパスライフを楽しみながら良い映画に出来ればと思います。

<富岡順子役/劇中歌担当:西山小雨 コメント>
私は男と女の話は苦手です。特に今回の二人。明快なバカップルの様に一笑に付して終われないリアルな痛々しさがあって。もしあなたの身に覚えがあれば、是非私と一緒に劇場でズタズタになって救われましょう。それと、西山がギターで曲を作ったらどうなるのかも見届けて下さい。早織さんの歌声は素晴らしいです。お楽しみに!

<小宮役:ひらく コメント>
錚々たるメンバーに事の顛末が気になるしかない脚本、オーディションを受けた時から絶対に出たい気持ちしかありませんでした。大野監督の描く世界に生きることが今から楽しみで仕方ありません。観てくださる皆さんの頭や心に残る作品になるよう精一杯頑張りますので、応援の程、何卒よろしくお願い申し上げます!

<本人役・劇中歌担当:ナビ コメント>
大野監督からお誘いがあり、この作品の中で自分の曲を歌わせていただけることになりました。はじめての映画出演、緊張とわくわくの入り混じった高揚感でいっぱいです。素敵な作品にわたしなりの花を添えられるよう、丁寧に大切に頑張ります。よろしくお願いいたします。

<監督・脚本/岡部信太役:大野大輔 コメント>
本作『辻占恋慕』は僕の過去作『さいなら、BAD SAMURAI』と『ウルフなシッシー』に連なる「青春三部作」の最後を飾る作品としてスタートした企画です。『さいなら~』では“青春の挫折”を、『ウルフなシッシー』では“青春の停滞”をテーマにやさぐれ青年達が右往左往して参りましたが、本作のテーマはズバリ“青春の終焉”になります。肥大した自意識と無残な現実の狭間でもがき苦しむ自称アーティスト達が、三十歳というなかなか言い訳の効かなくなった齢を迎えた時に何を決断し、どの様な道を辿るのか。今回は自分にとって未知の領域であり、いつか挑戦してみたかった音楽映画として描き出す事にしました。出口の見えない日常を歩む表現者たちの切実な叫びを二人の主人公、シンガーソングライターの恵美と彼女のマネージャー信太に託してシナリオを書き進める内に、いつしか物語は壮大な叙事詩へと変貌し、自分史上最もエモーショナルで挑発的な作品となっていきました。昨年からそろりそろりとプリプロダクションが始まり、ヒロインの恵美を数々の映画で芯の強い名演を見せる早織さんに演じて頂く事が決まった他、アイドル系シンガーソングライター菊地あずき役にはなんとAKB48の現役メンバーである加藤玲奈さんを迎え、またワークショップ形式の選考オーディションからも多彩な魅力にあふれた素晴らしいキャストの皆さんを招集する事が実現化しつつあります。5月の撮影開始に向けてプリプロも本格的に動き出しております。前途多難なインディーズ映画作りですが走り抜く覚悟です。是非皆さんのお力添えによって作品がより深度を増す様、ご支援のほど何卒よろしくお願い致します。


【関連商品】


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)