野島伸司が舞台初プロデュース、安井謙太郎 木津つばさら旬の若手俳優が出演

映画・舞台 公開日:2020/02/20 5
この記事を
クリップ

「101 回目のプロポーズ」「高校教師」 「家なき子」「アルジャーノンに花束を」など、数多くのヒットドラマを生み出した脚本家の野島伸司が、2020年4月24日(金)から5月10日(日)まで日本青年館ホールにて上演される舞台『ガチャリコフェスティバル』の企画プロデュースを行うことが発表された。


本作は、2015年1月より日本テレビにて放映されたテレビドラマ『お兄ちゃん、ガチャ』を設定新たに蘇らせた、舞台版作品。テレビドラマに引き続き野島伸司が初めて舞台の企画プロデュースに挑戦し、今度は“お兄ちゃん”ではなく“おとうとくん”が巨大なガチャガチャから引き当てられる、舞台オリジナルストーリーで上演する。




【写真をみる】鈴木拡樹×崎山つばさ×安井謙太郎 見目麗しい姿、華やかすぎるティザービジュアル解禁


また、本作の見どころの一つであるガチャによって登場する“おとうとくん”たちは、2.5次元ミュージカルを中心に活動する若手俳優たちがチャレンジする。

本作の主人公であり、“おとうとくん”が出てくるガチャを引いたお兄ちゃんを演じるのは7ORDER projectの安井謙太郎。7ORDER projectでもメンバーの中心で活動している安井が、優しくて男らしいお兄ちゃんとして、たくさんの“おとうとくん”とストーリーを展開させる。その他『あんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ』などに出演する木津つばさ、ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』などに出演する三浦海里など今、旬の若手俳優陣が多く出演する。

さらに、脚本はテレビドラマなどで活躍する蛭田直美、演出は演劇ユニット「SUGAR BOY」主宰の川尻恵太が担当する。

<企画プロデュース 野島伸司コメント>
ワクワクドキドキ熱狂の 2.5 次元の舞台を以前から注目していました。 物作りの本質として、最新エンタメにアンテナを張る若い感性の視聴者、観客と向き合っていたいと常に考えていま す。 オモチャ箱をひっくり返したような、今回のガチャリコフェスティバル。 あれ、何かのにおいがするとすぐに気づいたあなたは相当素晴らしい、笑

<主演 安井謙太郎コメント>
本作の主人公を務めさせていただきます 7ORDER の安井謙太郎です。 大好きな脚本家の野島さんの新しい挑戦に携わることが出来ると聞いたときから、ワクワクが止まりません。劇場に 足を運んでくださった皆様に、まるでガチャで当たりを引いたときのような喜びと驚きを届けられるよう、精一杯演じさ せていただきます。 どうやら僕も当たりを引いたみたいです。
 
<出演 木津つばさコメント>
この度舞台「ガチャリコフェスティバル」に出演いたします、木津つばさと申します。 何が起きるか誰にも分からない、『五感を通り越して楽しめる』そんな作品を皆と創り上げたいと思います。 期待して待っていて下さい!


舞台「ガチャリコフェスティバル」
期間・劇場:2020年4月24日(金)~5月10日(日) 日本青年館ホール
企画プロデュース:野島伸司
キャスト:安井謙太郎、木津つばさ、三浦海里、菊池修司、松田昇大、小西詠斗、福井巴也、富園力也、加藤勇也、秋嶋隆斗、Rayshy、本間健太、大崎捺希、酒井敏也
主催:舞台「ガチャリコフェスティバル」製作委員会(ネルケプランニング、ギークピクチュアズ)

チケット情報
【料金】8,800 円(前売・当日共/全席指定/税込)
【一般発売日】2020 年 3 月 14 日(土)10:00 予定

(C)舞台「ガチャリコフェスティバル」製作委員会



   


   


   


   



この記事の画像一覧 (全 2件)