大泉洋&小池栄子「まるで手品みたい」緊張感あふれる撮影の裏側公開

映画・舞台 公開日:2020/02/20 9
この記事を
クリップ

太宰治の未完の遺作が、喜劇として生まれ変わった映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』が公開中。




原作は、鬼才・ケラリーノ・サンドロヴィッチが独自の視点で完成させた戯曲「グッドバイ」。観客を笑いと多幸感で包み、第23回読売演劇大賞最優秀作品賞に輝いた。


なぜか周囲の女たちが好きになってしまう<ダメ男・田島周二>を大泉洋、ガサツで小汚いけれど実は美人な<パワフル女・永井キヌ子>を小池栄子が演じ、劇中では嘘(にせ)夫婦に。


そんな嘘夫婦が別れを告げに行く愛人役は、クールな女医・大櫛加代を水川あさみ、挿絵画家の水原ケイ子を橋本愛、儚げな花屋の青木保子を緒川たまきが、それぞれ生き生きと演じる。更に、離れて暮らす妻・田島静江を木村多江、田島を尊敬する編集部員・清川伸彦を濱田岳が演じ、“嘘(にせ)夫婦”の計画を提案する作家・漆山連行役として松重豊が出演する。監督は、『八日目の蟬』で日本アカデミー賞最優秀監督賞に輝いた成島出。


その他、皆川猿時、田中要次、池谷のぶえ、犬山イヌコ、水澤紳吾、戸田恵子が顔を並べ、日本映画界・演劇界を担う実力派俳優・監督によって、昭和の文豪の未完の遺作が、新たな魅力に満ちた人生喜劇映画として生まれ変わる。

このたび、本作のメイキング映像が解禁。解禁となる映像は、妻と子供に愛想を尽かされて自暴自棄になっている田島(大泉洋)を、がさつなキヌ子(小池栄子)が不器用な愛情でなだめるシーンのメイキング。スタッフが何度もリハーサルを重ね、入念な準備をして本番に挑んだ、成島監督こだわりの長回しシーンの1つ。スタッフの手渡しで繋いでいくカメラ、徐々に取り外されていくカメラレール、机や椅子などセットの再配置に至るまで、いっさい物音を立てることが許されない緊迫感が伝わってくる。さらに、決して広いとは言えない食堂で、他の客人までもが縦横無尽に移動し、スタッフ・キャスト・エキストラと息の合ったONE TEAMで撮影に挑む様子が映し出されている。ひりつくような緊張感の中、監督の「カット!」の一声が響きわたると、拍手が巻き起こり、小池は「よかった・・・」と思わず安堵の息をつく。このシーンの撮影について、大泉と小池は二人揃って「一連の芝居を終えて振り返ると、何事もなかったかのように元の配置に戻っていて、まるで手品みたいだった」と語っている。まさにその手品の種明かしのような、ONE TEAMの映画作りを収めたメイキングとなっている。


©2019『グッドバイ』フィルムパートナーズ




※本記事は掲載時点の情報です。