日比美思「本当に恋愛をしたことがなかったので…」恋愛ドラマ出演で新たな一面を発見

映画・舞台 公開日:2020/02/18 15
この記事を
クリップ

2月18日から開幕する舞台『バレンタイン・ブルー』。avex management所属の俳優によるユニット「Avenue X theater」での第1回公演として注目を浴びており、作・演出に、舞台演出家として20年以上にもわたり活躍している堤泰之を迎え、さらに話題を呼んでいる。

今回は、劇中で姉妹アイドルユニット「オーガニック」の妹役を演じる日比美思を直撃。コメディー役を演じる彼女の新たな魅力に迫った。


日比美思が出演する舞台『バレンタイン・ブルー』は、2月18日(火)から東京・銀座の「博品館劇場」で公演が行われる。初のコメディー役に挑んだ彼女の新境地は必見だ。普段は見せないその魅力を、ぜひ劇場で体感してほしい。


<日比美思 インタビュー>

——日比さんは現在、リアル恋愛ドラマ『恋愛ドラマな恋がしたい~Bang Ban Love~』に出演中ですが、撮影に挑むうえでどんなことを意識していますか?
日比:私は今まで本当に恋愛をしたことがなかったので、そういう意味ではかなりの挑戦です。毎回キスシーンがあったりするのですが、「私で大丈夫ですか?」という気持ちでスタートしましたね(笑)。プライベートの自分は、仕事もあるし、小心者なので恋愛に一歩踏み出せなかったのですが、このドラマでは、芝居も恋愛もちゃんとやらなければいけないというところをとにかく意識しています。でもドキドキして、結局、素の自分のままだったり……(笑)。

——反対に、これまで出演してきたドラマとは全然違うわけですね。反対に、身に付いたことや学んだことがあれば教えてください!
日比:そうですね、異性に対する「好き」という気持ちが私の中で実はあやふやで、感情としては中学生くらいで止まっているのですが(笑)、実際に演じるとこうなるんだと、新たな自分の一面を発見できました。ちなみに、オンエアは毎回布団を被りながら、観ています。恥ずかしいので(笑)。

——恥ずかしくなりますよね(笑)。さて、『バレンタイン・ブルー』ではどんな役を演じられるのでしょうか?
日比:「オーガニック」というアイドルユニットを組んでいる姉妹の妹役なのですが、かわいいと言いますか、どこかツッコミどころのある可笑しい役を演じています。姉はそのアイドルユニットに対して積極的なのですが、それに対して妹は「もう、いいんじゃない…」とどこか冷めています。これまで私は、コメディーについてはあまり触れたことがなかったですが、テンポ感や舞台上でのリズムというのがコメディーにおいて大事なんだと気付かされました。なので、テンポ感やリズムについて意識して取り組んでいますがとても新鮮です。稽古場では、そのシーンに出演していない役者さんたちも傍らで観ているわけですが、日によって聞こえてくる笑い声が違うんです。そういった意味でコメディーは日々進化して面白いなと思います。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 4件)