今井翼『GOEMON』に二役で出演、歌舞伎×フラメンコが融合する人気作

映画・舞台 公開日:2020/02/13 5
この記事を
クリップ

2011年11月に徳島県の大塚国際美術館「システィーナ歌舞伎」の第三回公演にて初演された『GOEMON 石川五右衛門』。

今作では、誰もが知っている稀代の大泥棒・石川五右衛門が、明智光秀の重臣・四王天但馬守の娘とスペインの宣教師の間に生まれた赤毛のハーフで、さらにフラメンコを踊るという奇想天外な設定とスタイリッシュな舞台が話題を呼び、2013年2月、2014年10月に大阪松竹座、そして2016年10月には新橋演舞場と、再演を重ねる大人気作となった。




このたび、好評の声に応え、6年ぶりに大阪松竹座に帰ってくる。石川五右衛門を演じるのは、歌舞伎を中心としながら、多彩な分野へのボーダレスな活躍も光る片岡愛之助。そして、五右衛門の父、神父カルデロンと、五右衛門の修行仲間であった霧隠才蔵の二役を勤めるのが、この作品の初演の地「システィーナ歌舞伎」にも初出演し、唯一無二の輝きを放つ、今井翼。

“和”と“洋”が巧みに織りなす大胆な演出と宙乗りや大立廻り、フラメンコで客席を席巻する見どころ満載の『GOEMON 石川五右衛門』に期待しよう。

■『GOEMON 石川五右衛門』
2020年10月3日(土)初日→27日(火)千穐楽
大阪松竹座
◎配役
石川五右衛門:片岡愛之助
神父カルデロン/霧隠才蔵:今井翼
出雲の阿国:中村壱太郎
加藤虎之助:中村種之助
小早川隆景:中村寿治郎
北政所:中村歌女之丞
石田局/名古屋山三:上村吉弥
豊臣秀吉:中村鴈治郎



   


   

この記事の画像一覧 (全 2件)