ミュージカル「エリザベート」ルキーニ役に抜擢の黒羽麻璃央、特別な場所・帝国劇場への想いを語る

映画・舞台 公開日:2020/02/14 15
この記事を
クリップ

舞台・映画・ドラマとマルチに活躍する俳優の黒羽麻璃央が、4月9日から帝国劇場で上演されるミュージカル『エリザベート』にルキーニ役で出演する。今年は東宝版『エリザベート』が上演20周年を迎え、黒羽も芸歴10年目の記念すべき年となる。「この作品が俳優・黒羽の名刺的なものになれば」と語る黒羽に、出演が決まった時の感想や上演に向けての意気込みを聞いた。


黒羽が演じるルイジ・ルキーニは、2019年版は山崎育三郎・成河のダブルキャストで上演され、今年の上演は尾上松也・上山竜治・黒羽のトリプルキャストとなる。歴代ルキーニの中で最年少での抜擢となった黒羽だが、出演が決まった時の心境は「素直に嬉しいというのが率直な気持ちです。僕自身が2019年版を拝見させていただいて、去年の夏はずっと家でDVDを観ていました。すっかり作品のファンになっているので、その作品の一員になれることは嬉しいです。」と笑顔で語る。





ルキーニは、エリザベートの暗殺犯で、物語の狂言回しの役割を担う。そんなルキーニの印象を「空間を支配しなきゃいけない存在ですし、一人だけ時空が曲がっている感覚。進行役としてお客さん目線になって、物語に引きずり込む役なので、負荷は大きいかなと思います。力がないと出来ない役なので、しっかり力をつけて、観客のみなさんこちら側に引きずり込めたら」と気合十分の様子だ。


黒羽の出演決定が報じられると、SNSなどでファンは喜びの声に沸いた。そんなファンの反響に「嬉しい報告なので、決まった時からいつ発表になるんだろう?と思っていました」と早く報告したかったと振り返る。その一方で「グランドミュージカルの経験が2回目ですし、年齢が若いということもあり、厳しい意見も目に入ってきます。その意見もプラスに受け止め、幕が上がった時に、黒羽でよかったと思っていただけるようなものをお届けしたい」と厳しい意見にも感謝し、受け止めて自らの芸に昇華しようとしている。


演出家の小池修一郎氏とは、ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』からの縁。小池氏に対し「期待に応えたい」と意気込む黒羽。「選んでもらったからには出来ると思われていると思います。帝国劇場のデビュー作で、ルイジ・ルキーニという役を与えてくださったので、それを裏切りたくないですね。黒羽を選んでよかったと思ってもらいたい」と意気込む。

⇒次ページ:憧れの場所、“帝国劇場”を意識したきっかけを明かす「負けてられないなと思った」

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 5件)