中島健人 ハリウッドに到着、レッドカーペットを歩き「いつか自分もここを歩きたい」

映画・舞台 公開日:2020/02/09 10
この記事を
クリップ

2月10日(月)日本時間に行われる第92回アカデミー賞授賞式をアメリカ・ロサンゼルスのドルビー・シアターよりWOWOWが生中継する。本日、スペシャルゲストの中島健人が現地ハリウッドに到着し、取材をスタート。現地から写真とコメントが到着した。






<中島健人コメント>


——授賞式当日、レッドカーペットで期待することは?
「奇跡の出会い」に期待しています。何度もレッドカーペットでのインタビューを経験している方からは、最初は理想のインタビューにたどり着けず、心が折れると言われています。でも、河北さんとともに若者代表としてその大きな壁を壊せるような、「奇跡の出会い」を期待しています。

——会場に入り、レッドカーペットに実際立って感じたことは?
歩き心地が最高でした。思ったよりふかふかしていて、歩いているだけで心を躍らせてくれました。そして、レッドカーペット、ドルビーシアターの階段を歩いて、いつか自分もここを歩きたいという大きな夢を持つきっかけになりました。

——最後に授賞式の見どころを改めて教えてください
映画ファンのみならず、これから映画に興味を持つ方々にも見ていただきたいです。特に今年のレッドカーペットはスターが集まっていて、日本ではなかなか見ることのできない最高のハリウッドスターたちが見られると思います。それに松たか子さんもいらっしゃいます。皆さんも授賞式を見て僕たちと一緒に、ハリウッドの夢に飛び込んで欲しいです!



第92回アカデミー賞は、『ジョーカー』が作品賞他最多11部門ノミネート。また、『パラサイト 半地下の家族』が作品賞を受賞すればアジア作品として初、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』のブラッド・ピットは俳優部門で悲願のオスカー獲得なるかなど、受賞結果に注目が集まる。

さらに、今回歌曲賞にノミネートの『イントゥ・ジ・アンノウン〜心のままに』のパフォーマンスでは、エルサ役のイディナ・メンゼルに加えて、松たか子をはじめとする世界9カ国のエルサ役がイディナと共に歌唱することが決まり、日本人としては初めての歌唱パフォーマンスに期待が高まっている。

※本記事は掲載時点の情報です。

関連タグ