上西恵、舞台キューティーハニー初日「“お尻をギュッと”頑張りました」

映画・舞台 公開日:2020/02/06 8
この記事を
クリップ

永井豪の代表作『キューティーハニー』を舞台化した『Cutie Honey Emotional』の公開ゲネプロが6日、池袋サンシャイン劇場にて開催。ゲネプロ前に行われた囲み取材に、キャストの上西恵(キューティーハニー役)、佐藤日向(ジャンパーハニー役)、西葉瑞希(スイーツハニー役)、鹿目凛(サイバーハニー役)、平塚日菜(ラブリーハニー役)が出席した。




上西は「ハニーちゃんはセクシーなんですけど、それプラスかわいさだったりピュアさだったりが大事になってくると思うので、ピュアな部分を大切にしていきたいと思います」と意気込み。また変身後の衣装について「ハートがたくさんついていて、かわいさもありつつ、ちゃんとセクシーな部分もあるんです。腰のあたりが透けていたりするので注目ですね。本当にピタッとなるので、身体のラインがすごくわかるスーツになっているので、そういうところにも注目していただけたらいいなと思います」と魅力を語った。

お気に入りのシーンを聞かれると「ハニーが自分を制御できなくなっちゃうシーンは見どころというか、自分もかけているシーンなのでぜひ注目してほしいです。殺陣とかも激しくなってくるので」とアピール。同じ質問に平塚は「最後のシーンは、5人の力がグーッと集まって、エモい。エモーショナルにぴったりなシーンになっているので最後まで見逃さずに観てほしいなと思います」と伝えた。

変身シーンでの早着替えも見どころだという。上西は「変身シーンはすごい楽しみにしていてほしい」と言いつつも「本当の早着替えになるので不安ではあるんですけど、全公演成功させたいと思います」と不安も覗かせ、佐藤は「舞台の機構とかスモークを使って、1番アニメーションに近い形で舞台で活きているんじゃないかなと思います」と笑みを浮かべた。

さらに、キューティーハニーの魅力のひとつでもあるセクシーさについて佐藤は「ダンスの先生に『もっとセクシーに踊って』って毎回言われました(笑)」と告白。鹿目が「『もっとお尻突き出して。胸見せて』みたいな(笑)」と同調すると、上西は「『もっとお尻をギュッと』とかは頑張りましたね。腰が痛くなるくらいギュッと出しました(笑)」と振り返った。

その後行われたゲネプロで、ハニーらをはじめとしたキャスト陣は、次々と激しいアクションシーンを披露。攻撃で繰り出す波動などはスクリーンを駆使した演出で、アニメさながらの迫力を見せた。また、ダンスや変身シーンといったセクシー要素、学園内での笑える展開も繰り広げられていた。

舞台『Cutie Honey Emotional』は2月6日(木)から9日(日)の会期で池袋サンシャイン劇場にて上演。

©永井豪/ダイナミック企画・舞台「Cutie Honey Emotional」製作委員会

この記事の画像一覧 (全 30件)