佐藤健主演 “究極の愛”を問いかける傑作『ひとよ』DVD発売決定

映画・舞台 公開日:2020/02/06 9
この記事を
クリップ

2013年に『凶悪』を世に送り出して以降、賞レースを席巻し続け、名だたる俳優たちが出演を熱望する映画監督・白石和彌監督が、佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、田中裕子を迎え“家族の絆”に真っ向から挑んだ映画『ひとよ』が6月24日(水)にBlu-ray&DVDで発売となる。

第42回日本アカデミー賞で最多12部門の優秀賞に輝いた『孤狼の血』(18)の白石和彌監督が、2011年に劇作家・桑原裕子率いる劇団KAKUTAが初演した同名の舞台を映画化した本作。




十五年前のある夜、三兄妹が両親と暮らすタクシー会社の営業所で事件は起こる。その、たった“ひとよ”の出来事によって、家族の人生は激変。三兄妹の運命を大きく狂わせてしまう。その十五年後、それぞれが別々の人生を歩んできた三兄妹は、思いもよらない“家族”との再会を果たすことになる。兄妹を守るため自身の夫を殺める母を演じた田中裕子、三兄妹の次男で主演を務めた佐藤健に、長男役の鈴木亮平、長女役の松岡茉優ほか佐々木蔵之介、音尾琢真、MEGUMIと個性豊かな豪華名優陣が集結した。

白石監督が、かねてから「いつかは撮らねばならない」と感じていた【家族】をテーマに選び描いた本作は、観る者を圧倒する演技派たちの熱演により、“家族の絆”“究極の愛”について問いかけた。2019年、「第44回報知映画賞」では、作品賞/監督賞/主演男優賞/主演女優賞/助演女優賞と5部門がノミネートされる快挙を達成した。

一夜にして激変する家族の運命を通し、尊くも時に厳しい“家族の絆”、そして、言葉にできない“究極の愛”を観るものすべてに問いかける、ヒューマンドラマの傑作がBlu-ray&DVDとなって帰ってくる。

豪華版Blu-rayには、特典映像DISCとして約110分を収録。初公開のメイキングに加え、公開前にdTVチャンネル、ひかりTVほかで放送された公開直前特別番組やジャパンプレミア、東京国際映画祭、公開記念舞台挨拶など公開前から公開後のイベントを網羅したイベント集、特報/予告ほか劇場特別映像やテレビスポット(絆編・ドラマ編)など豪華特典映像が収められる。


【法人別 先着購入者特典】
●HMV・Loppi:佐藤健 2L判プロマイド(2枚組) 
●Amazon:プレスシート(非売品)
●アスマート:佐藤健 2L判 プロマイド(2枚組) 
●その他一般店:A4クリアファイル
※HMVとアスマートのプロマイドビジュアルは異なります。
※特典はなくなり次第終了となります。


■「ひとよ」Blu-ray&DVD概要
【監督】 白石和彌(『凶悪』『孤狼の血』ほか)
【脚本】 髙橋 泉(『凶悪』『坂道のアポロン』ほか)
【音楽】 大間々 昂
【原作】 桑原裕子「ひとよ」
【キャスト】
佐藤健 鈴木亮平 松岡茉優
音尾琢真 筒井真理子 浅利陽介 韓英恵 MEGUMI 大悟(千鳥)
佐々木蔵之介・田中裕子

発売/販売元:アミューズソフト
©2019「ひとよ」製作委員会

この記事の画像一覧 (全 8件)