岡田准一主演『燃えよ剣』鈴木亮平、山田涼介ら「新選組」圧巻黒隊服の新カット解禁

映画・舞台 公開日:2020/02/07 16
この記事を
クリップ

歴史小説界の巨星・司馬遼太郎が土方歳三を主人公に、新選組の志士たちの知られざる人生と激動の時代・幕末を描いた国民的ベストセラー『燃えよ剣』がついに完全映画化。



東宝=アスミック・エース共同配給にて、映画『燃えよ剣』が5月22日(金)より全国公開となる。監督を務めるのは、『日本のいちばん長い日』(15)『関ヶ原』(17)『検察側の罪人』(18)など力作を生み出す名匠・原田眞人。主演は、今や日本の映画界に欠かせない俳優、岡田准一。動乱のさなかでブレずに夢と信念を貫いたカリスマ、新選組副長・土方歳三を演じ切る。また、土方と運命的な恋に落ちるヒロイン・お雪に、柴咲コウ。土方の盟友である新選組局長・近藤勇に、鈴木亮平、新選組の中でも土方と並んで人気の高い美しき天才剣士・沖田総司を山田涼介、土方や近藤と対立する新選組初代筆頭局長・芹沢鴨に伊藤英明と、豪華俳優が一挙集結。土方歳三と「新選組」は、いかにして歴史に名を刻む【伝説(レジェンド)】となったのか―?! 時代の大きな変化の中で、剣を手に命を燃やした男たちの知られざる【愛】と【戦い】、そのすべてが今、スクリーンで明かされる。

 

この度、史上最強の剣客集団「新選組」の主要メンバーがクールな黒の隊服で勢ぞろい、圧倒的な存在感で立ち並ぶ新カットが解禁。解禁された写真には、愛刀を手に、凛々しい表情を浮かべる新選組隊士が集結。貫禄溢れる副長・土方歳三(岡田准一)を筆頭に、局長の近藤勇(鈴木亮平)、一番隊組長の沖田総司(山田涼介)ほか、六番隊組長・井上源三郎(たかお鷹)、土方と同じく副長を務める山南敬助(安井順平)、二番隊組長・永倉新八(谷田歩)、八番隊組長・藤堂平助(金田哲)、副長助勤・斎藤一(松下洸平)、十番隊組長・原田左之助(吉田健悟)が身にまとうのは、クールでスタイリッシュな黒の隊服。新選組の制服といえば、浅葱色(緑がかった薄い藍色)の「ダンダラ」が有名だが、原田監督が、幹部クラスはダンダラを着なかった。新選組は黒の集団であった、という説を採用し、今回の衣裳を新たに制作。これまでの「新選組」のイメージを一新させている。堂々とした出で立ちとただならぬ眼力で威厳を放つ隊士たちには、まさに“史上最強” の風格が漂っている。


さらに、超豪華13人の新キャストも発表。新選組と志を共にする会津藩の公用人・外島機兵衛に『検察側の罪人』での怪演で注目を浴びた酒向芳。新選組で密偵として活躍する中島登に、個性派俳優・渋川清彦。新選組を尊王派に変えようと企む策士・伊藤甲子太郎に、吉原光夫。土方に可愛がられ遺品を託されることになる新選組の若き隊士・市村鉄之助には、1月22日に待望のCDデビューを果たし、今後の活躍に注目が集まる「SixTONES」のメンバー、森本慎太郎が抜擢された。

  

新選組と対立する倒幕派には、土佐出身の下級武士、通称・人斬り以蔵として恐れられた岡田以蔵に村上虹郎。“バラガキ”時代からの歳三の因縁の相手、七里研之助に大場泰正。長州藩士で明治維新三傑の一人、桂小五郎に淵上泰史。池田屋事件の生き残りとして知られる、大沢逸平をマギーが、さらに同事件で襲撃される宮部鼎蔵を三浦誠己が演じる。


さらに、沖田に想いを寄せる芸妓・糸里を、『孤狼の血』(18)などで話題の阿部純子が演じる。また、映画『ラスト・サムライ』でトム・クルーズが演じた主人公のモデルとなった実在の人物、旧幕府軍の近代化を支援するため来日したフランス軍陸軍士官・ジュール・ブリュネに、『エル ELLE』(16)などの出演作があるベルギー出身の若手俳優・ジョナス・ブロケ 。歳三が慕う実姉・のぶに坂井真紀、その夫で歳三の義兄にあたる佐藤彦五郎を山路和弘が演じる。


『燃えよ剣』

5月22日(金) 全国ロードショー

出演:

岡田准一 柴咲コウ 鈴木亮平 山田涼介

尾上右近 山田裕貴 たかお鷹 坂東巳之助 安井順平 谷田歩 金田哲 松下洸平 村本大輔 村上虹郎 阿部純子 ジョナス・ブロケ 

大場泰正 坂井真紀 山路和弘 酒向芳 松角洋平 石田佳央 淵上泰史 渋川清彦 マギー 三浦誠己 吉原光夫 森本慎太郎

髙嶋政宏 柄本明 市村正親 伊藤英明

原作:司馬遼太郎「燃えよ剣」(新潮文庫刊/文藝春秋刊) 監督・脚本:原田眞人 

配給:東宝 アスミック・エース

© 2020 「燃えよ剣」製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。