バカリズムらOLのグチに共感しかない『架空OL日記』予告編第二弾解禁

映画・舞台 公開日:2020/02/04 7
この記事を
クリップ

バカリズムが2006年から3年の月日をかけ、銀行勤めのOLのフリをしてネット上にこっそり綴っていたブログを書籍化した、『架空OL日記』(小学館文庫 全2巻)。2017年にバカリズムが原作・脚本・主演を務め話題となった連続ドラマが遂に実写映画化。2020年2月28日(金)に全国公開となる。


この度、本作の予告編第二弾の映像が解禁となった。【女の朝は忙しい】、【冬の月曜は休日にするべき】、【ハロゲンの故障は命に関わる】、【トイレの便座問題】など、誰もが一度は感じたことのある不平不満がグチとなって次々と挙げられており、常日頃から同じようなグチをこぼしている世の女性達にとっては共感しか無い内容。一方で食堂に集まって男性社員の陰口を言うなど、男性にとっては我が身を振り返りたくなるような内容も・・・。

共感と笑い、更には職場の人間関係改善にも役立つ・・・?唯一無二のバカリズムワールド、『架空OL日記』は2020年2月28日(金)全国ロードショー。


■『架空OL日記』
2020年2月28日(金)全国ロードショー
バカリズム 夏帆 臼田あさ美 佐藤玲 山田真歩
三浦透子 / シム・ウンギョン / 石橋菜津美 志田未来 / 坂井真紀
原作:バカリズム「架空OL日記」(小学館文庫)
監督:住田崇
脚本:バカリズム  
配給:ポニーキャニオン/読売テレビ
(C)2020「架空OL日記」製作委員会



※本記事は掲載時点の情報です。