葉山奨之、理想の映画館デートはホラーで「怖さを共有して仲良く」

映画・舞台 公開日:2020/01/23 11
この記事を
クリップ

劇中ではアキ(新田)、颯太(北村)とカナ(久保田紗友)の三角関係にも似たみずみずしい恋愛模様もある。ちなみに葉山の理想のデートは「僕は1年に100回くらいは映画館に行かないと気が済まないくらいの映画好きなので、映画デートをしたい。一人で映画を観に行くと自分だけの感性でしか作品を理解できないけれど、二人で行けば作品について語り合って、より作品について理解が深まりそうだから」と期待する。ヨーロッパ映画がお気に入りだが「あえてホラー映画でデートしてみたい。怖いのは苦手だけれど、一緒にその怖さを共有して仲良くなりたい。ただデートの際はカッコつけてビビらないようにしたいですね」とはにかむ。




映画『サヨナラまでの30分』で2020年がスタートする。葉山は「今年は新しいことに挑戦する年にしたいです。2020とキリのいい数字だし、夏にはオリンピックもあり、世界との距離が近くなる。事務所の先輩である小栗旬さんが世界への道を開拓してくれている最中なので、僕もそこに連なるべく、語学を身に付けたい」と抱負。ヨーロッパ映画好きだけに「英語はもちろんのこと、中国語やフランス語も覚えたい。ただフランス語って難しい。日本人役が登場するフランス映画があればいいのになぁ」と無邪気な目標を口にした。


ドワンゴジェイピーnewsでは葉山さんのサイン入りチェキプレゼントキャンペーンも実施中!

詳しくはこちらから


文・写真:石井隼人

2/2ページ

この記事の画像一覧 (全 6件)