AI暴走で命が選別される…恐怖の本編シーン公開

映画・舞台 公開日:2020/01/23 6
この記事を
クリップ

大沢たかおを主演に迎え、入江悠監督がAIをテーマにオリジナル脚本で挑む2020年に見るべき超大作『AI崩壊』が1月31日(金)に公開する。




このたび、大沢たかお演じるAI開発者・桐生浩介が開発した医療AI<のぞみ>が暴走し、人間の生きる価値を選別して殺戮を開始する恐怖の本編シーンが公開。10年後の日本社会を舞台にしている本作は、現代を生きる誰の身にも起こり得るリアルなAIの恐怖を描いており、全国民必見の映画となっている。

今回解禁となったのは、AIが暴走し、国民の生きる価値を選別していく恐怖に溢れるシーンだ。桐生が亡き妻・望のために開発した医療AI<のぞみ>は、年齢、年収、家族構成、病歴、犯罪歴など個人情報を完全に掌握し、全国民の健康を管理していた。しかし、生きるために欠かせない存在となったAI<のぞみ>が突如暴走し、全国民の命を“生きる価値のある人間”と“生きる価値のない人間”に選別して殺戮を開始…!病歴や年収、犯罪歴など様々な情報をもとに生存価値を決め、価値がないと判断した人間を【死亡】させるという恐るべき事態が発生し、日本中がパニックに陥っていく―。医療AI<のぞみ>を開発した桐生はAIを暴走させた犯人に断定され逃亡者となるが、一体どんな運命が待ち受けているのか?

本作の監督とオリジナル脚本を手掛けた入江悠は、10年後の日本社会を描くためにAIについて徹底的にリサーチを行った。とくに劇中で描かれるAIが普及した世界はリアルに起こり得る未来の姿として描いたと言うが、中でも医療AIは2030年には生活に浸透しているだろうと予測する。入江は「2030年には医療AIが生活の中に入り込んでいると思います。個別化医療と言ってそれぞれに個人のデータを収集して適切な診断を下すみたいなことは、恐らく2030年には普通に起きているだろうなと思いますね。あなたはこのアレルギーがあるからこの食事はやめなさいとか、そうした情報が携帯電話に届くとか、そういうことが現実になっていくと思います」と、劇中のAIが普及した日本社会は現実的に起こり得ることだと語る。

そうした世界でAIが暴走を開始するという恐怖を描いているが、入江監督自身は今でもAIに対する恐怖を感じているそうで「僕は昔から個人情報を流出されるのをすごく警戒しています。パソコンのカメラは塞いでいますし、携帯のアプリとかもなるべくダウンロードしないようにしていますね。AIを調べれば調べるほどアナログ生活をしたいなと思ってしまいます(笑)」と語っている。現代においてもAIは社会問題として取り上げられ、全国民の身近な生活に迫りくる存在。本作で描かれるのはAIが暴走するという恐怖が描かれているが、どんな日本の未来が待ち受けているのか?その結末はぜひスクリーンで確かめてみてほしい。

そして今年2020年は東京オリンピックが開催される日本にとって節目の年だ。日本がまさに変革期を迎える時期に本作が公開されることについて入江監督は「2020年はこれからの日本にとってターニングポイントになる気がしていて。それはオリンピックがあることもそうですし、21世紀に入ってからこれまでの間って、輝かしい未来から遠ざかっている印象をみんな持っていたのではないかなと思います。オリンピックがある年にこの映画が公開されるので、これからの社会を作っていく若い人が何か考えるきっかけになったらいいなと思います」と熱弁。日本がターニングポイントを迎える今だからこそ、2020年に見るべき作品になっているようだ。

人を救うはずのAIはなぜ暴走したのか?スリリングかつリアリティ溢れるサスペンス超大作に期待が高まるばかり。入江悠監督が手掛けた2017年上半期最大のヒットを記録した『22年目の告白-私が殺人犯ですー』を超える怒涛の展開で観るものを圧倒する“絶対に観るべき1本”がついに完成した。

『AI崩壊』は2020年1月31日(金)より全国公開。


■『AI崩壊』
1月31日(金)全国ロードショー
監督・脚本 入江悠
出演:大沢たかお 賀来賢人 岩田剛典 広瀬アリス 髙嶋政宏 芦名星 玉城ティナ 余貴美子 松嶋菜々子 三浦友和
主題歌:AI「僕らを待つ場所」(EMI Records / UNIVERSAL MUSIC)
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2019映画「AI崩壊」製作委員会



この記事の画像一覧 (全 3件)