『弱虫ペダル』永瀬廉主演で実写映画化、共演に伊藤健太郎&橋本環奈

映画・舞台 公開日:2020/01/18 7
この記事を
クリップ

累計2500万部突破の大人気スポーツ青春漫画、『弱虫ペダル』。2008年に週刊少年チャンピオンにて連載開始され、連載は今年で12年を迎え、現在までで64巻が既刊されている大人気コミックス。アニメ、アニメ映画、舞台、小説、ドラマなど様々なコンテンツでメディアミックスされているが、満を持して今回が初の実写映画化だ。

主人公は、地元・千葉から秋葉原にママチャリで通うアニメ好きの高校生・小野田坂道。あることをきっかけに自転車競技部に入部することとなり、そこで出会ったかけがえのない仲間たちの為に、自分の限界や壁を越え、レースに勝利するための努力を覚えていく。


主演はKing & Princeの永瀬廉。昨年は映画『うちの執事が言うことには』、ドラマ『FLY!BOYS,FLY!僕たちCAはじめました』に初主演し、グループとしては2回目のNHK紅白歌合戦に出場するなど飛ぶ鳥を落とす勢いだが、ロードバイク、超人気コミックスの実写映画主演ともに初挑戦。

昨年12月より、帝国劇場「JOHNNYS' IsLAND」の公演や年末の歌番組の合間を縫って、自転車練習をスタートさせた。2回目の練習では先生の指導の下40km近くを出し、3回目の練習では山道を全力疾走するなど気合十分。原作やアニメにハマり、気づくと朝になっている日々を送っており、出演にあたって「とても光栄です。一つの競技に夢中になる選手の魅力をしっかりと伝えて、時間を忘れさせるような作品にしたいです!」とコメント。

永瀬演じる坂道の良きライバル・今泉俊輔役には伊藤健太郎。




ドラマ『今日から俺は!!』でブレイクをし、今年はドラマ『教場』、NHK連続テレビ小説『スカーレット』に出演するなど、今年最も注目するべき若手俳優の一人だ。永瀬と同じく12月より練習を始め、出演にあたり「原作を飛び越えた実写ができれば!」と気合十分。


自転車競技部のマネージャー・寒崎幹役を演じるのは橋本環奈。




昨年は映画『十二人の死にたい子どもたち』『キングダム』『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』『午前0時、キスしに来てよ』と4本の映画に出演した若手人気NO.1女優が、優しく、時には叱咤激励しながらも坂道を支える。元々、原作のファンだったという橋本は出演にあたり「魅力あるヒロインとして参加できることをとても楽しみにしています。」とコメント。

監督は、映画『植物図鑑運命の恋拾いました』『旅猫リポート』『隠れ“ビッチ”やってました』を手掛けた三木康一郎。原作者の渡辺航は実写映画化にあたり、「坂道の自転車との出会い、友達との出会い、新しい自分との出会いの物語です。ボクも楽しみにしています!!」とコメントし、2月からの撮影に向けて、既に大きな期待を寄せている。

今年2020年は待ちに待ったオリンピックイヤー。誰かの為に頑張ったり、頑張る誰かを応援したり、熱い夏になること間違いない。若手俳優たちが本気で挑む、この夏一番熱い青春ストーリーを、是非期待してほしい。


<永瀬廉【小野田坂道/おのだ・さかみち役】コメント>
まさか自分が実写映画で坂道くんを演じるとは思っていませんでしたが、すっかり原作とアニメにハマり、気づくと朝になっている日々が続いています。時間を忘れさせるくらい面白い、素晴らしい作品に出演できてとても光栄です!一つの競技に一生懸命になっている選手たちは、キラキラしていて本当にかっこいいんです!その魅力を映画でも伝えて、時間を忘れさせるような作品にしたいと思います。僕も弱虫にならないように(笑)、自転車練習を頑張ってますので、是非この夏を楽しみにしていてください。

<伊藤健太郎【今泉俊輔/いまいずみ・しゅんすけ役】コメント>
今回『弱虫ペダル』に出演させていただく事になりました伊藤健太郎です。漫画やアニメなどでとても人気のある作品に出させていただける事がとても嬉しいです。また監督の三木さんともご一緒するのが2回目で信頼できる方なので今から楽しみです。原作を飛び越えた実写ができればと思っていますので、ぜひ楽しみにしていただければと思います。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 3件)