波瑠×成田凌、すれ違いながらも惹かれ合う『弥生、三月』予告映像解禁

映画・舞台 公開日:2020/01/17 10
この記事を
クリップ

女優の波留、俳優の成田凌が出演の映画『弥生、三月 -君を愛した30年-』(3月20日全国公開)の最新予告映像、ポスター、場面写真が一挙解禁となった。

本作は『同期のサクラ』など、多くのヒットドラマを生み出してきた稀代の天才脚本家・遊川和彦による第二回監督作品で、完全オリジナル脚本による“ふたりの男女の30年間を3月だけで紡ぐ”というラブストーリー。昭和~平成~令和と時代を跨ぎ、運命に翻弄されながら愛を紡いでいく二人の半生を、これまでも数多くの映画・ドラマの話題作で様々なキャラクターを演じ、驚きと感動を届けてきた国民的女優・波瑠、今一番スケジュールを取れない大注目俳優・成田凌が演じる。

本日、本作の最新予告映像とポスターが解禁された。



高校時代に運命的な出逢いを果たした物語の主人公・波瑠演じる結城弥生と、成田凌演じる山田太郎。互いに惹かれ合いながらも、杉咲花演じる弥生と太郎の親友・サクラを病気で亡くしたことで想いを伝えられず、遂に二人は別々の人生を歩む。

けれど弥生と太郎に待ち受けていたのは順風満帆な人生ではなく、それぞれ別の人との結婚や離婚、子供の頃からの夢の挫折、配偶者を亡くした災害…思い描いた人生とは異なり、思わず目を背けたくなる辛い現実に直面し、まさに人生のどん底を経験する。生きる希望を見失った二人の元に30年越しに届いた亡き友からのメッセージとは。果たして弥生と太郎の運命の歯車はどう動くのか…!?

互いに惹かれ合いながらも別々の人生を選んだふたりの男女の、それでも運命を信じ続ける姿が涙を誘う感動的な予告映像に仕上がっている。

あわせて解禁された最新ビジュアルは、30年間の3月の出来事を紡いだシーンがフラッシュバックする中で抱き合う弥生と太郎。「30年間、ずっとどこかであなたのことが好きだった」というコピーからは、想いを打ち明けられないまま年月を重ねてきた二人の、切なくも互いを信じ続けてきた愛を感じさせる。

脇を固めるキャストには、弥生の影響で教師を目指す青年・あゆむ役に映画初出演となる岡田健史。弥生の配偶者となる白井卓磨役を小澤征悦。根っからの明るい性格で太郎と弥生の背中を押していく太郎の母・山田真理亜役を黒木瞳。実力派俳優たちが本作を彩る。。


■映画『弥生、三月 -君を愛した30年-』
3月20日(金・祝)全国東宝系にて公開
脚本・監督:遊川和彦
出演:波瑠 成田凌 杉咲花 岡田健史 小澤征悦/黒木瞳

(C)2020「弥生、三月」製作委員会

本予告URL:https://youtu.be/ryRtQ0OlwsA


【関連商品】

   

   

この記事の画像一覧 (全 18件)