上地雄輔、高杉真宙ら「ファンタジー営業部」の人見知りを暴露「誰も口をきかない!」

映画・舞台 公開日:2020/01/15 20
この記事を
クリップ

俳優の高杉真宙が、15日都内で行われた映画『前田建設ファンタジー営業部』(1月31日公開)の完成披露先行上映会に共演の上地雄輔、岸井ゆきの、本多力、六角精児、小木博明、英勉監督と登場した。




高杉は撮影時の思い出を聞かれると「毎朝小木さんがセリフの練習をされていて、それで撮影後半になるにつれて、みんなでセリフ合わせをするようになりました」と微笑ましいエピソードを披露すると、本多が「(小木の)マネージャーさんが僕や他のキャストさんのマネをしてしゃべっていたので『それだったら僕やりますよ』って言ったんです」と高杉のエピソードを補足説明。


続けて小木も「マネージャーがふざけて共演者のモノマネをするんです。とくに本多くんの喋り方のマネをするんですけど『似てない』って言いながらやっているうちに、みんなで練習するようになったんです」とさらに補足。その喋りの勢いに上地から「今、真宙への質問だから!」とツッコミが入るも、小木&本多の勢いは止まらず。


高杉を差し置いてトークを続ける小木&本多に、上地から「こう見えますけど4人(高杉、岸井、小木、本田)は鬼のように人見知り!全然しゃべらなくて、最初の方は誰も口をきかない!」と暴露。「(高杉は)下向いてるし、(岸井は)携帯いじってるし、(小木は)緊張してこしょこしょ何か言ってるし…、(本多)は一人で台詞をぶつぶついってるし…こんなにしゃべるようになるとは夢にまで思わなかった!4人ともシーン!」と撮影当初の様子を明かすと、小木から「ありがたいことにこんなにしゃべれるようになったのは、このおバカタレントのおかげ」と上地をいじりながらも感謝していた。


六角も舞台挨拶での“ファンタジー営業部”の和気あいあいとしたやりとりを眺めながら、撮影を振り返り。「僕は撮影の後の方から参加したんだけど、5人を見てたらずっと喋ってるの。冗談言いまくりで、監督の言うこと全然聞いてない。それをみて『あ、この映画ダメだな』と思った(笑)。それに小木が噛みまくって、それを見てみんなで笑いまくってて、それを見てもう1回『あ、だめだ』と思った(笑)。でも出来上がったの観たらすっごい面白いんだよ!編集がすごい!!」と作品の仕上がりを絶賛、会場の笑いを誘った。



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 24件)