高橋一生「結婚したいですよ」に、蒼井優から厳しい?アドバイス

映画・舞台 公開日:2020/01/13 17
この記事を
クリップ

本日、映画『ロマンスドール』公開直前イベントが都内で開催され高橋一生と蒼井優が出席し、恋愛観について語った。


本作は、映画監督タナダユキが書いた小説を、自ら脚本・監督を務め映画化。美大出身でラブドール制作工場に勤める哲雄(高橋)は、胸のサンプルをとるアルバイトにやってきた園子(蒼井)に一目ぼれし、交際を申し込む。そこから二人は結婚し家庭を築くが、徐々にすれ違い、互いに秘密を持つことになる……。


この日はMCをつけず、高橋と蒼井が観客から集められた質問に回答するというコーナーが展開。いきなり「結婚したいけれど、他人と人生を共にするのが怖い」という女性のやや重めな質問に、高橋は「人生を共にする恐怖よりも、結婚できるかなという恐怖があります。孤独ですからね」と発言すると、客席が微妙な雰囲気に。高橋は「ぜんぜん笑ってくれないや」と寂しそうにつぶやくと「昨年の1月に蒼井さんと新婚生活の撮影をしたのですが、それがものすごく楽しくて、俳優冥利に尽きるなと思いました」と作品を経て、結婚というものへの憧れを抱いたようだ。




そんな高橋に蒼井は「結婚したいんですか?」と直球質問。すると高橋は「したいですけれど、相手がいなかったら始まらないですからね」と苦笑い。すると蒼井は「でも一生さん、ほぼ家から出ないで自転車ばかり乗っていると聞いています。その自転車を捨てたほうがいいですね」とアドバイスすると客席は大爆笑に。続けて蒼井は「私自身も(結婚については)考えていなかった。なんか車線変更した感じでしたね」と表現すると、高橋は「すごくいい例え。僕も車線変更したいですね」と語っていた。


続けて「哲雄のように一目ぼれしたことがありますか?」という質問に、高橋は「あります」と即答。さらに「特別好きな顔の特徴があるわけではないのですが、笑っているときの顔に惹かれることが多いです」とタイプをあげると蒼井は「若いうちはビジュアルが気になるのかもしれませんが、年を重ねていくとだんだん、その人の持つ素材で勝負できる日が来ると思います」と語った。


また新婚の蒼井には「旦那さんがもし隠し事をしているなと気づいたら、知らないふりをするか、問い詰めるか」という質問が。蒼井は熟考し「気づいた自分をアピールしたい」とさりげなく気づいていることを悟ってほしいと回答すると、高橋は「すごくいい答えですね」と蒼井を称賛する。しかし「好きな人への愛情表現はお金?時間?言葉?」という質問に高橋が「そんなにすぐ渡せないですよ。面白くないじゃないですか」と答えると、蒼井は「だから付き合えないんじゃないですか?」とここでも鋭い突っ込みを披露。高橋は「痛たたたた。だから付き合えないのか……」と頭をかくシーンも見られた。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 14件)