「テラスハウス」出演で注目の春花、“失顔症”にスポットを当てた短編映画に主演

映画・舞台 公開日:2020/01/07 2
この記事を
クリップ

「TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020」で注目を浴びた女優の春花と、『今日から俺は』などに出演、次世代若手俳優のエースとして注目されている俳優の柾木玲弥主演で、短編映画『失顔』を製作することが決定した。そして1月7日(火)より映画制作を応援するクラウドファンディングを開始する。




本作は『失顔症(しつがんしょう)』という、人の顔が認識できない障害をにスポットを当てた短編映画。失顔症とは、目、鼻、口、耳など顔のパーツは認識できるもの、それらが合わさって構成される “顔”の全体像が認識出来ない特殊な障害。重度になると 家族や恋人すら顔が分からなくなってしまう。もし顔が分からない人に恋をしたら?この障害の怖さと、それを克服する女性を描いたラブストーリーとなっている。

春花出演の『テラスハウス』は、米「タイム」誌が選ぶ「2018年の番組ベスト10」で堂々の6位に選ばれた程の、世界的に注目されているリアリティーショー。そして柾木玲弥は、『今日から俺は』や『みんな!エスパーだよ!』等に出演し、様々なキャラクターを演じ分けられる「カメレオン俳優」として話題の今大注目演技派俳優だ。

その他、お笑い芸人のゆってぃ、女優やモデルで活躍中の奏羽 茜、土井康平等が脇を固めている。監督は1月31日(金)からテアトル新宿で公開される『Last Lover ラストラバー』の岡元雄作。

クラウドファンディングでは、限定試写会の招待や、メイキング付き限定オリジナルDVD、春花・柾木玲弥サイン入り台本などのリターンを用意している。また1社限定のオフィシャルスポンサーも募集中だ。公開はまず海外映画祭を中心に出品し、その後上映や配信が予定されている。


【ストーリー】
雑誌モデルをしている美空は、顔が良くなければ男として見なさないというくらいイケメン好きで、人は顔が全てだと思っていた。ある時、仕事中の事故で頭部を強打して入院してしまう。病院で美空が目を覚ますと、目の前には女性がいた。しかしその人の顔はよく分からなかった。目や口、鼻などは見えるけど、一つの顔として全体像を捕えることが出来ない。声を掛けられてようやく気付いたが、その人は母親だった。どうやら事故で脳の記憶を司る部分を損傷したことで、『失顔症』という顔を認識出来ない障害を抱えてしまったらしい。皮肉にも顔で判断していた美空は、人の顔が分からなくなってしまったのだった。


<春花 コメント>  
今回この映画のお仕事をいただいた時、久しぶりの映画のお仕事で少し緊張しました。 台本に目を通してみると顔がわからなくなる病気があるのも初めて知って、今の社会のストレスやSNSへの依存とかそういうのも何か含まれてるんじゃないかなと思いました。撮影も楽しみなので丁寧に作っていけたらと思います。

<柾木玲弥 コメント>  
田中晃役を演じさせていただくことになりました、柾木玲弥です。失顔症に焦点を当てた作品になりますが、私自身、失顔症というものを知りませんでしたし、聞いたこともありませんでした。 この作品を通してその症状を知り、そして人にとって顔とは何なのか、外見でその人を判断していいのか、本来、人の見るべき姿はどこにあるのか、そんなことを考えさせられるような映画でした。 色々な方に見ていただいて、考えていただいて、何か感じて頂けるように頑張ります。よろしくお願いいたします。


■短編映画『失顔』
2020年1月7日(火)よりクラウドファンディング開始
出演:春花、柾木玲弥、土井康平、奏羽茜、ゆってぃ(友情出演)、久藤今日子、藤田健彦 他

(C)ASTROSANDWICH PICTURES INC.

クラウドファンディングページ:https://motion-gallery.net/projects/lostface


【関連商品】

   

   

この記事の画像一覧 (全 5件)