大泉洋主演『騙し絵の牙』強烈なワードが続々登場、超特報解禁

映画・舞台 公開日:2019/12/27 3
この記事を
クリップ

累計発行部数50万部突破を誇り映画化もニュースとなったミステリー小説『罪の声』の著者・塩田武士、待望の話題作で、あの「大泉洋」を主人公にあてがき(その役をあらかじめ決めた俳優を想定して書き下ろすこと)して表紙モデルにも起用、2018年本屋大賞にランクインされ、話題・評判ともに世間の注目を集めたベストセラー小説『騙し絵の牙』(KADOKAWA刊)。

その前代未聞の小説が、もちろん大泉洋を主演に迎え、吉田大八監督により映画化が決定。国民的俳優と日本アカデミー賞監督との最強タッグで、邦画界最高峰のエンターテインメント作品が誕生する。共演には、松岡茉優、佐藤浩市ら豪華実力派キャストが集結、2020年6月に全国公開となる。




舞台となるのは、大手出版社「薫風社」。創業一族の社長が急逝し、次期社長を巡って権力争いが勃発する中、専務・東松(佐藤浩市)が進める大改革で、雑誌は次々と廃刊のピンチに。会社のお荷物雑誌「トリニティ」の変わり者編集長・速水(大泉洋)も、無理難題を押し付けられて窮地に立たされる…。

しかし速水は、一見頼りないながらも実は笑顔の裏にとんでもない“牙”を秘めていた。嘘、裏切り、リーク、告発…クセモノ揃いの上層部・作家・同僚たちの陰謀が渦巻く中、新人編集者・高野(松岡茉優)を巻き込んだ速水の生き残りを賭けた“大逆転”の奇策とは!?

映画化に早くも熱い注目を集め、来年6月の公開に向けいよいよ本格始動する本作から、この度、大逆転のドラマに期待が高まる<超特報>映像が解禁となった。

解禁された映像では、大泉洋の不敵な笑みでおなじみとなった文庫ビジュアルと共に、「全員クセモノ」「騙し合いバトル」「どんでん返し」「大逆転の奇策」など、強烈なワードが続々登場。

主人公の速水は、演じる大泉曰く「台本上も一癖も二癖もある役どころ」で、飄々としたキャラクターの裏に“牙”を隠したこれまでとは異なる大泉の演技、そして廃刊寸前の雑誌を復活させるため、どんな起死回生の策で観客を驚かせるのか、2020年最大の話題作の大逆転劇に期待が高まる。

先日の映画化決定の発表以来、SNSでは松岡茉優と佐藤浩市ら人気実力派キャストの共演も話題のほか、「原作も凄く面白かったし速水編集長をスクリーンで見るのを楽しみにしてます!」「絶対高野は松岡茉優ちゃんしかいないと思ってたら現実になったし新作待ち侘びてた!吉田大八さんが監督だしもう震えるわ!!」と早くも公開を待ち望む声が続出。

なお本作では、ほかにも日本を代表するオールスターキャストが集結。今後のキャスト発表にもぜひ注目しよう。2020年は『騙し絵の牙』イヤーになること間違いなしだ。映画『騙し絵の牙』は2020年6月全国ロードショー。

■『騙し絵の牙』
2020年6月全国ロードショー
監督:吉田大八
原作:塩田武士「騙し絵の牙」(角川文庫刊)
出演:大泉洋 松岡茉優 佐藤浩市 ほか
配給:松竹
(C)2020「騙し絵の牙」製作委員会




   


   



この記事の画像一覧 (全 2件)