堂本光一、大好きなフェラーリのミニカー片手に“男の熱い友情”を語る

映画・舞台 公開日:2019/12/27 20
この記事を
クリップ

堂本光一が出演する映画『フォードvsフェラーリ』(2020年1月10日公開)のWEBCMが本日初解禁、堂本自身が「大好き」と語るフェラーリのミニカーを片手に、本作の魅力を語る内容になっている。



本作はマット・デイモンと、クリスチャン・ベイル、アカデミー俳優の2人が初共演で主演を務める作品。先月の全米公開時には初登場 No.1 スタートを切り、すでに世界中から大絶賛されている。

舞台は世界が熱狂した1966年のル・マン24時間耐久レース――。歴史を変えた、2人の男の熱い友情と、チームの絆、そして不可能に挑戦し続ける姿を描いた奇跡の大逆転の物語。監督は『LOGAN/ローガン』のジェームズ・マンゴールド。疾走感のある大迫力のレースシーンと、絶対王者に君臨するフェラーリに屈せず挑む男たちの姿を描いた人間ドラマに、早くもアカデミー賞最有力!との声も上がっており、私たち日本人の誰もが共感せずにはいられない作品となっている。

いち早く本作を鑑賞したという堂本は、時にぶつかりながらも同じ志を持つ主人公ふたり、カーデザイナーのキャロル・シェルビーと、破天荒だが一流のレーサー、ケン・マイルズについて「本当に愛おしいですよね」と絶賛。「相手を想っている気持ちっていうのが、実はお互いにあるんだっていうのが…」と20年以上コンビで活躍している堂本だからこそ、純粋な情熱を共有し、幾多の難題を乗り越えていく主人公たちに、友情や絆をリンクさせるようなコメント。最後には「男ってバカだな~!」と、命がけのレースにのめり込む彼らへ、自身の姿を重ねるようにいたずらな表情を見せ、締めくくる映像となっている。

この堂本出演のWEB CMは、本日12月27日から配信開始。来年1月1日からは、TV CMもスタートする予定。


■映画『フォードvsフェラーリ』
2020年1月10日(金)全国ロードショー
監督:ジェームズ・マンゴールド
出演:マット・デイモン、クリスチャン・ベイル、ジョン・バーンサル、ジョシュ・ルーカス、トレイシー・レッツほか
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

(C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation




【関連商品】

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)