白石聖ナレーションのショートフィルム、クリスマスイブにYouTubeで公開

映画・舞台 公開日:2019/12/23 7
この記事を
クリップ

女優・白石聖がナレーションを務めたショートフィルム『おべんとう』が、2019年12月24日の午前0時にYouTubeでプレミア公開される。




『おべんとう』は、ソウル国際映画祭の最優秀短編作品賞や映文連アワード2019の部門優秀賞を受賞。さらに、Japan Cuts HollywoodやToronto Reel Asian International Film Festivalなど、国内外の映画祭で上映された。

毎朝おべんとうをつくる人に届く子供からの手紙のように、優しい気持ちに包まれたショートフィルム『おべんとう』。おべんとうという当たり前の日常を描いた短い作品だが、凛とした朝の風景や丁寧に作られてゆくおかずなど、静かで美しい映像が印象的。料理は東京・世田谷で「ごはん屋ヒバリ」を営む田中聖子が担当。音楽にはドラマ「中学聖日記」や映画「ハルチカ」などの劇伴を手掛けた小瀬村晶の楽曲が使われている。

 そして、作品に寄り添うのは女優・白石聖のナレーション。おべんとうと共に子供から大人へと移りゆく繊細な心を、様々な声の表情で深く描いており、作品の詩的な世界観を柔らかく彩っている。


<白石聖 コメント>

今回、短編映画のナレーションを初めて務めさせて頂きました。おべんとうの裏にはいつも作り手がいて、それはお母さんだったり、お父さんだったり、知らないおばさんだったりするかもしれませんが、きっとそこにはいつも愛情があると思います。おべんとうが作られていく優しい時間に寄り添いながら、暖かい声を吹き込むことを心掛けました。是非ご覧ください。

この記事の画像一覧 (全 2件)

関連タグ