スキマスイッチ、ピクサー最新作『2分の1の魔法』日本版エンドソングに起用

映画・舞台 公開日:2019/12/19 4
この記事を
クリップ

『トイ・ストーリー』のおもちゃの世界、『モンスターズ・インク』のモンスターの世界、『ファインディング・ニモ』の魚の世界など、イマジネーションあふれる[もしも]の世界を描き、世界中に感動を贈り届けてきたディズニー/ピクサー。ピクサー・スタジオの『トイ・ストーリー4』に続く最新作『2分の1の魔法』(2020年3月13日(金)公開)の日本版エンドソングにスキマスイッチの代表的楽曲『全力少年』が起用される事が決定。スキマスイッチにとって海外作品への楽曲提供は初で、フィルムメーカーも企画に賛同する<“楽曲”と“映画”の共通するメッセージ>が決め手となり本プロジェクトが実現した。




本作は、はるか昔は魔法に満ちていたが、時の流れと科学や技術の進歩と共に魔法は忘れられ“魔法が消えてしまった”世界が舞台。主人公の少年イアンは、自分に自信が持てず、何をやっても上手くいかないことばかり。そんな彼の叶わぬ願いは、彼が生まれる前に亡くなった父に会う事。16歳の誕生日プレゼントに、亡き父が母に託した魔法の杖とともに贈られた手紙に記されていたのは<父を24時間だけ蘇らせる魔法>──だが魔法に失敗して“半分”の足だけの姿で父を復活させてしまう──。魔法オタクで陽気な兄バーリーの助けを借りて、イアンは父を完全(全部)に蘇らせる魔法を探す旅に出るが、彼らに残された時間は、あと24時間しかなかった…。

魔法が消えた世界で、会ったことのない父と“たった1日”だけ会うための魔法を探すため勇気を振り絞るイアン。そして、イアンに父との思い出をプレゼントしたい兄バーリー。スキマスイッチの『全力少年』の熱い歌詞に込められた<覚悟を決め、全力で行動する事がセカイを切り開く>という力強いメッセージと、『2分の1の魔法』で描かれる、「自分を信じて、自分の足で一歩踏み出す」ことで切り開かれるイアンとバーリー2人の兄弟のストーリーについて共通の想いを感じたディズニーの担当者が、この映画と楽曲を通じて「色んな経験を経て臆病になった大人たちにも、かつて少年少女だった頃の気持ちを思い出して、新たな一歩を踏み出すきっかけになってほしい」という思いをこめて日本版エンドソングとして使用することをオファー。映画のメッセージに共感したスキマスイッチも快諾し、ピクサー・スタジオもメッセージの相性も含めこの企画に賛同。ディズニー本社のお墨付きを得て今回のプロジェクトが実現した。

併せて解禁された映像では、イアンとバーリーの冒険シーンと、彼らの父への想い、そして冒険への勇気を奮い立たせるかのようにスキマスイッチがパワフルに歌い上げる『全力少年』が流れ、映画本編への期待をさらに押し上げるミュージックビデオとして完成している。

<スキマスイッチ:大橋卓弥 コメント>
『全力少年』はずっと大切にしてきた楽曲なので、今回、エンドソングに使っていただけるということで光栄に思っていますし、嬉しかったです。この曲は、当時20代だった自分たちに向けた応援ソングとして作った曲で、今も助けられている曲でもあるので、こうして今につながっていることがアーティスト冥利につきるなと思っています。本当に勇気をもらえる映画ですし、きっとみなさんも共感できる内容になっていると思います。僕らの音楽が少しでも映画の世界観を支えることができたらと思っていますので、ぜひ劇場でご覧ください。

<スキマスイッチ:常田真太郎 コメント
『全力少年』という曲は、どんなきっかけにせよ、誰かのせいにしないで、自分の思いで、自分の力で一歩踏み出すという気持ちを描きたくて作りました。この初々しい気持ちが「全力少年」というタイトルにも表れています。それが今回の映画のテーマにも合っていると思ってもらえたんじゃないかなと思っています。この映画は、どんな立場でも、性別や年齢関係なく、感情移入できることがたくさんある映画です。ぜひみなさんも自分と重ね合わせて楽しんでもらえたらと思います。


■映画『2分の1の魔法』
2020年3月13日(金) 全国ロードショー
監督:ダン・スキャンロン(『モンスターズ・ユニバーシティ』監督)
キャスト:トム・ホランド、クリス・プラット
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

(C)2019 Disney/Pixar. All Rights Reserved.




【関連商品】

   

   

この記事の画像一覧 (全 2件)