『モマの火星探検記』出演の諸星翔希、2019年の個人的重大ニュースを明かす「メンバーの愛を感じた」

映画・舞台 公開日:2019/12/22 20
この記事を
クリップ

2012年、2017年に上演の舞台『モマの火星探検記』が2020年に再び上演される。この作品は宇宙飛行士の毛利衛氏が書いた児童文学『モマの火星探検記』を劇団「少年社中」の主宰、毛利亘宏が脚色・演出を務めた舞台。2人の主人公であるモマとユーリを演じるのは前回に引き続き矢崎広と生駒里奈だが、2人を彩る共演者は変わった。

そこで今回はその変わった共演者の一人であるユーリのロケット作りの仲間のチキンを演じる諸星翔希に直撃インタビュー。現在、7ORDER projectのメンバーとしても活動する諸星に意気込みや近況、そして2019年を振り返ってもらった。





――まずは『モマの火星探検記』への出演が決まったときの感想からお願いいたします。


「嬉しかったです!個人的に宇宙を題材にした舞台はなじみがなかったので、最初はすごく驚きました」


――そんな中で諸星さんが演じられるのがチキン。


「前回の舞台をDVDで拝見させていただいたんですけど、ちょっと臆病な子なんですよね、チキンって。だから僕の中にもある臆病な部分や、そこから見えてくる勇気を照らしあわせて演じてみようと思いました」


――自分の中にある臆病な部分とは?


「何かを新しく始めるときって臆病になる自分がいるんですよ。自分に自信が持てないと、どうしても臆病になりがちで。そういう部分をチキンに重ねながら演じたいなって。最近は、まずはやってみればいいじゃん!と思えるように少しずつなってきたんですけどね(笑)」


――舞台に向けて不安なことはありますか?


「矢崎(広)さんや生駒(里奈)さんをはじめキャストの方たちは、ほぼほぼ面識のない方たちばかり。仲良くなれるかな?という不安が最初はありました。でも、みなさん、優しそうな方たちばかりですし、ちゃんとコミュニケーションをとって仲良くなりたいと思います。これはRock Opera『R&J』のときも一緒でした」


――Rock Opera『R&J』は、佐藤流司さんと仲万美さんと出演されていた舞台ですね?


「はい。そのときは最初にロックオペラって何だ?というところから始まって(笑)。でも自分なりに得ることが多い舞台だったんです。キャストの方もステキな方ばかりで。中でも陣内(孝則)さんからは歳を重ねた役者さんの言葉の重みをひしひしと感じました。『R&J』は今では僕の“バイブル”となっています」


――では、今回の「モマの火星探検記」で期待していることは?


「宇宙への興味を深めてみたいなって思っています。この作品を見ていると人間と宇宙って繋がっているなって思ったんです。いろいろなメッセージ性もありますし、少年心が感じられて見ていてワクワクしました。原作を書かれた毛利(衛)さんは実際に宇宙から地球をご覧になった人ですから。毛利さんにしか描けないリアリティさや感情があると思うので、舞台に立って、この作品の一部になることで、いろいろな新しい発見があるんじゃないかって期待をしています」

1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 5件)