元乃木坂46相楽伊織、上遠野太洸とのW主演舞台で一人二役

映画・舞台 公開日:2019/12/17 4
この記事を
クリップ

2020年1月22日(水)~26日(日)東京・紀伊國屋ホール、1月29日(水)兵庫・兵庫県立芸術文化センター阪急中ホールにて上演される、オフィス・RENプロデュース『かげぜん』で相楽伊織の舞台初主演が決定した。




本公演は、2010年、東池袋あうるすぽっとで初演が開幕し、終戦間際の時代を描き、戦争のむなしさ、人としての意地や優しさ、血縁だけではない人と人との繋がりなど、現在でも色あせることのない、人の想いを紡ぎだしている骨太な作品だ。

多くの観客の笑いと涙を誘い、上演直後から再演が望まれていた本作品をキャスト・スタッフを一新し、さらにより良い作品を目指して2020年新たに上演される。

演出は、繊細な機微に定評がある映画監督の林海象。そして主演の一人、天涯孤独の結婚詐欺師・神代大吾を演じるのは、ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでグランプリを獲得し、『仮面ライダードライブ』にて、チェイス/魔進チェイサー役で活躍した上遠野太洸。甘いマスクと陰りのある眼差しが色気となり、この作品を魅力的に彩る。

相楽はもう一人の主演、青森に住む純朴な娘・河野たえと宮下時枝の二役を演じる。彼女の笑顔が、人を引き付ける素朴な魅力となり、この作品の土台を築く。相楽伊織の新たな一面を引き出してくれること間違いなしの本舞台。オフィス・REN プロデュース『かげぜん』東京公演は、2020年1月22日(水)~26日(日)まで紀伊國屋ホール、兵庫公演は1月29日(水)兵庫・兵庫県立芸術文化センター阪急中ホールにて上演。


■オフィス・REN プロデュース『かげぜん』
<東京公演>
日程:2020年1月22日(水)~26日(日)
会場:紀伊國屋ホール
<兵庫公演>
日程:2020年1月29日(水)
会場:兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール

演出:林海象
作・演出補:増澤ノゾム
出演:
上遠野太洸、相楽伊織/
八神蓮、増澤ノゾム、桜岡あつこ、椎名茸ノ介、織田あいか、梶野稔、佐藤みきと/
斉藤とも子
料金:全席指定・税込
【東京公演】一般:6,800円 U-22:5,000円
【兵庫公演】一般:6,500円 U-22:4,800円
※U-22は公式サイトのみ。当日身分証提示
企画・製作:オフィス・REN


この記事の画像一覧 (全 3件)