レジェンド若本規夫『スター・ウォーズ』“20年ぶり”続投に「泣けてくらぁ」

映画・舞台 公開日:2019/12/17 5
この記事を
クリップ

映画を超えた史上空前のエンターテイメント『スター・ウォーズ』がついに完結──。1977年に『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』が全米で公開されてから今年で42年。永きに渡り紡がれてきた伝説と呼べる唯一の映画の完結編であり、スカイウォーカー家の物語を描く、最後の『スター・ウォーズ』、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』が12月20日(金)に日米同時公開となる。




このたび『スター・ウォーズ』完結編を締めくくる日本版声優が決定。フォースを覚醒させたレイ役に永宝千晶、祖父ダース・ベイダーの遺志を受け継ぐカイロ・レン役に津田健次郎、そして伝説のジェダイであるルーク・スカイウォーカー役に島田敏のほか、ランド・カルリジアン役には『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』のソフト版以来約20年ぶりに若本規夫が続投。『スター・ウォーズ』ファンお馴染みの豪華声優陣が集結した。

今回解禁となった日本版声優は総勢11名。永宝千晶、津田健次郎、島田敏、若本規夫のほか、人気ドロイドC-3PO役は岩崎ひろし、キャリー・フィッシャー本人が演じたレイア役は高島雅羅、元ストームトルーパーのフィン役に杉村憲司、レジスタンスを率いる若きリーダーのポー・ダメロン役に小松史法が続投。本作から新しく登場するいまだ謎に包まれているゾーリ役に甲斐田裕子、プライド元帥役に金子由之、そして悪の根源とも言えるシスの暗黒卿パルパティーン役は本作から青森伸が演じることとなった。

世代を超えて壮大なスケールで描かれてきたスカイウォーカー家の愛と喪失の物語。ルークやC-3PO、ランド・カルリジアンなどお馴染みのキャラクターだけでなく、レイやカイロ・レン、フィンやポー・ダメロンなど新旧キャラクターが登場することとなり、ファンにとっては夢の共演だろう。そして、世代を超えて描かれてきた“光と闇の戦い”が、ファースト・オーダー最高指導者となったカイロ・レンと類まれなフォースを覚醒させたレイへと引き継がれる。しかし、かつて恐怖で銀河を支配してきた闇の存在パルパティーンが登場し、レイがダークサイドを象徴する赤いライトセーバーを手にするなど、一体どんなフィナーレを迎えることになるのか?

一作目の『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』からルークを演じてきた島田敏は、いよいよ完結する「スター・ウォーズ」シリーズについて「ファンの皆様と同じく、公開日を最大のワクワクドキドキ感で待っています。若きルーク・スカイウォーカーから歳月が流れ、完結編を迎えるにあたって、この超超雄大な作品に携われたことを誇りに思っています。 『スター・ウォーズ』永遠なれ!!!」と明かす。またビリー・ディー・ウィリアムズ本人が続投するランド・カルリジアン役を、約20年ぶりに演じるのは『サザエさん』の穴子役などで知られる人気声優の若本規夫。再びランドを演じることに若本は「ランド役のビリー・ディー・ウィリアムズさんもまたランド役を演じると聞いた時は、まさかおいらも演じることになるとは思わなかったぜよ。予告編のランドとチューバッカのミレニアム・ファルコンに乗っている姿を見ただけで、当時の記憶がジワァーっと蘇り少年に戻ったような気持ちになったよなぁ。ランドの活躍にもどうぞご期待ください」と意気込みを語っている。

そして祖父ダース・ベイダーの意思を受け継ぎファースト・オーダー最高指導者となったカイロ・レンを演じる津田健次郎は「物語が何処に向かっていくのか?カイロ・レンは何処に向かっていくのか?ファンとして楽しみながら、出来るだけ彼に寄り添える様に演じようと心掛けて来ました。今回の完結編は、物語の完結ではありますが、カイロ・レンの旅の完結でもあります。とても寂しいですが、最後まで一緒に旅を出来た事を嬉しく思います」と語っており、完結編にふさわしいファンにはお馴染みの声優陣が集結した本作への期待はますます高まるばかりだ。

銀河を巻き込み、壮大なスケールで描かれてきたスカイウォーカー家の、愛と喪失の物語──先日解禁された“最後の予告編”では、銀河系すべての悪の根源である暗黒卿パルパティーンによる「終わりが始まる」という意味深なセリフや、人気ドロイドC-3POの「最後にもう一度だけ 友人たちに」という、仲間たちへ別れを告げるかのようなセリフ、そして、光と闇を受け継いたレイとカイロ・レン、世代を超えた“光と闇の戦い”の行き着く先は──?

随所に完結を感じさせる。長きに渡り語り継がれてきた伝説の<完結編>、終わりが始まる。スカイウォーカー家を中心とした壮大な<サーガ>の結末とは?『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』は12月20日(金)全国公開。


<永宝千晶(レイ役)※『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』から続投>
『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』が公開されてから42年。時代、世代を超えて多くの人から愛されてきた作品が完結するということに寂しさを抱きつつも、この歴史に関われたことをとても光栄に感じています。レイがかけがえのない仲間たちと出会い、葛藤を抱えながらも前向きに力強く成長していく姿に、私自身とても勇気づけられました。完結せず、スカイウォーカー家の物語がこの先もずっと続いてほしいという気持ちもありますが…。私たちの記憶にいつまでも残るエンディングを期待します!

<津田健次郎(カイロ・レン役)※『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』から続投>
壮大な物語が遂に完結を迎える事は、色んな想いが溢れて上手く言葉に出来ません。最後を迎えることはとてもとても寂しいですが、このシーズンの完結まで参加する事が出来て嬉しく思います。幼少期、画用紙で黒い仮面を作り、棒の切れ端をライトセーバーに見立てて闘っていました。大好きな『スター・ウォーズ』、大好きなダース・ベイダーの流れを汲むカイロ・レンを演じる事の出来る歓びをいつも感じています。強いカイロ・レン、完成されていない不安定なカイロ・レン、どのカイロ・レンも僕にはとても魅力的でした。物語が何処に向かっていくのか?カイロ・レンは何処に向かっていくのか?ファンとして楽しみながら、出来るだけ彼に寄り添える様に演じようと心掛けて来ました。今回の完結編は、物語の完結ではありますが、カイロ・レンの旅の完結でもあります。とても寂しいですが、最後まで一緒に旅を出来た事を嬉しく思います。この壮大なる物語の完結がファンの皆様のご期待に添えるものであります様に。『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』が皆様に愛され続けます様に。カイロ・レンが皆様に愛され続けます様に。May the force be with you .

<杉村憲司(フィン役)※『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』から続投>
2015年の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』から4年も経ったのかと思うと、とても感慨深いです。1977年の初公開から、たくさんのキャスト・スタッフが関わり、40年以上経っての完結。思いを引き継いでここまで来たのかと思うと、本当に感動します。「FN2187」から「フィン」と名前をもらった時の興奮した表情が印象深かった。一体のストームトルーパーから一人の人間になる。「ファースト・オーダーから逃げたい」という考えから「大切な人を護りたい」という考えに変化していき、どんどん戦士になっていく。僕はフィンと一緒に成長させてもらったと感じてます。ファンの方も納得の結末になっているのではと思います。『フォースの覚醒』から観始めた方も、『スカイウォーカーの夜明け』で初めて観る方も、喜んでいただけたら嬉しいです。

<小松史法(ポー・ダメロン役)※『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』から続投>
個人的にですが、こんなにも人気があって歴史ある作品が終わって欲しくないという思いは大いにあります。もっともっと色んな形で続けばいいのになぁと。ポー ・ダメロン役の吹替を務めさせて頂きましたが、毎回違った面が出てきて本当に楽しく、興味深く演じさせて頂きました。たまに「おっ、かっこいいな」と見せるシーンもあれば、しょんぼりげんなりなシーンもあったり、コミカルな部分が出てきたりしてますよね。作品を重ねるごとにポーの魅力が増してきたような気がします。同時にポーを演じるオスカー・アイザックにどんどん惹きつけられていきました。一つのものが終わりを迎え、それが新しい始まりを生み出すのであれば、それはまた新しい世界を僕らも期待していいんじゃないでしょうか。きっとファンの皆様の中にそれぞれの『スター・ウォーズ』があり、終わることのない世界が皆様の胸の中にあり続けることと思います。

<甲斐田裕子(ゾーリ役)※本作からの新キャラクター>
最新の技術で再現されたジェダイ達の戦い。その夜明けの時に、滑り込みで参加できた事がとても嬉しいです。(ゾーリは)とても魅力的なキャラクターです。最後の締めくくりに相応しい、最新鋭技術の戦いと、42年分の答えや希望が見られるのでしょうか…早く完成を見たいです!

<金子由之(プライド元帥役)※本作からの新キャラクター>
僕がこの仕事を始めるずっと昔、少年の頃から、この宇宙の物語に慣れ親しんできました。それが終わりをむかえるなんて寂しいの1語につきます。(プライド元帥は)単純な部下ではなく、その下にもうひとつの顔をもつ魅力的な役です。完結編とは言わず10年後でもいいので、是非復活して物語を紡いで欲しいと切に願います。

<島田敏(ルーク・スカイウォーカー役)※『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』から続投>
それぞれのストーリーが見事に紡ぎあい、ピッタリはまって行く興奮と快感に期待したいです。ファンの皆様と同じく、公開日を最大のワクワクドキドキ感で待っています。若きルーク・スカイウォーカーから歳月が流れ、完結編を迎えるにあたって、この超超雄大な作品に携われたことを誇りに思っています。 『スター・ウォーズ』永遠なれ!!!

<岩崎ひろし(C-3PO役)※『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』から続投>
いつかその日が来る・・・・とは思っていましたが、やはりとても淋しいです・・・。でも、また、『スター・ウォーズ』の新たな世界が始まることを信じています!フォースと共にあらんことを!『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』のオーディジョンで選ばれてから20年、私にとってはなくてはならないキャラクター。大好きです!最近『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』と『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』では目立った印象がなかったので、今回はC-3POの活躍に期待しています!

<若本規夫(ランド・カルリジアン役)※『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』ソフト版以来20年ぶりに続投>
長く長くファンに愛されてきた『スター・ウォーズ』シリーズがついに完結すると思うと、泣けてくらぁ。ランド役のビリー・ディー・ウィリアムズさんもまたランド役を演じると聞いた時は、まさかおいらも演じることになるとは思わなかったぜよ。ランド・カルリジアンを再び演じることができて光栄ではあるが、お互いじじいになりましたとさ……。予告編のランドとチューバッカのミレニアム・ファルコンに乗っている姿を見ただけで、当時の記憶がジワァーっと蘇り少年に戻ったような気持ちになったよなぁ。ランドの活躍にもどうぞご期待ください。

<高島雅羅(レイア役)※『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』から続投>
ストーリーが終わるなんて信じられません。美しさと力強い性格を持った聡明なレイア姫と呼ばれていた頃から年齢を重ねて、その強さに加え心の優しいチャーミングで思いやりのあるリーダーでありレジスタンスの将軍レイア・オーガナへと…。30年以上にわたって、この魅力的なキャラクターを演じさせて頂けたことに感謝しています。思い出深く残っているのは、『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』で氷漬けにされてジャバ・ザ・ハットに捕らえられていたハン・ソロをルーク達と共に救出する場面です。こういう作品で大好きな、集結して一緒に冒険していくシーンにワクワクしたのをよく覚えています。壮大な冒険を通して、絆が強くなっていく瞬間・瞬間を感じてもらえれば・・・。そして、出来るならば、ソロやルークや懐かしいキャラクター達との場面を観てみたいです。

<青森伸(パルパティーン役)※本作から新たに声優を担当>
『スター・ウォーズ』シリーズには初めて声優として参加させて頂きますが、パルパティーン皇帝を演じられてとても光栄です。42年に渡り描かれてきた『スター・ウォーズ』シリーズがついに完結を迎えますが、すべての悪の根源であるシスの暗黒卿パルパティーン皇帝が一体どんな活躍を見せるのか?私も最後の『スター・ウォーズ』がどんな完結を迎えることになるのか期待が膨らみ、劇場で観るのを楽しみにしております。日本中のファンからの期待に応えられるよう演じましたので、ぜひご注目ください。


■『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』
12月20日(金)全国ロードショー
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

(C)2019 ILM and Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.




【関連商品】

   

   

この記事の画像一覧 (全 8件)